• 当院について
  • ご利用の皆さまへ
  • 診療科・部門案内
  • 医療関係者の皆さまへ
  • 特色・取り組み
当院について
当院について
当院について
特色・取り組み

新着情報

新着情報

「脳死下臓器提供を考える会」を開催

2018.02.20 | 病院からのお知らせ

2月19日、当院で「脳死下臓器提供を考える会」を開催しました。

日本の腎臓移植の成績は世界一と言われていますが、亡くなった方からの臓器提供は少なく、

約9割が親族からの生体腎移植です。それに比べ、アメリカでは年間約9000例(人口比で日本の40倍)の

脳死下臓器提供が行われています。そのような中、脳死下臓器移植件数が全米でもトップクラスの

カリフォルニア大学サンフランシスコ病院に、当院外科 山永医師が2015年から2年間研修留学していたご縁で、

同院から、国際レシピエント移植コーディネーターのJoyce Anges Trompeta先生をお招きし、

講演を行っていただきました。

講演では、アメリカにおける小児の臓器提供や移植の現状が示され、日本より多くの提供が行われているにも関わらず、

移植を希望している患者さんの数がそれを上回っているため、待機中に亡くなる方も多いということ、

また、政府の指示により、提供に関わる機関やシステムが明確に整備され、多くのスタッフが、

適切な教育研修を受けて従事しているという理想的な体制などについてお話がありました。

IMG_1583 IMG_1619

国際的には、「自国の移植に必要な臓器は、その国で確保すべき」ということが求められています。

私たち医療関係者は、そのことを認識するとともに、提供や移植に関わる国民の権利を尊重できる体制の構築を

目指さなければなりません。

当院ではまだ、脳死下での臓器提供は行われていませんが、いつ行われても最善の対応ができるよう、

多職種で取り組むチーム移植医療の連携強化、さらには患者さんやご家族のお気持ちに配慮した体制づくりに努めます。

ご利用案内

外来受付時間(月〜金)8:30〜11:30 ※再来受付機は8:00〜 ※土・日・祝は休診日

  • 救急受診について

面会時間 (月〜金)14:00〜20:00 (土・日・祝)10:00〜20:00

  • 外来受診のご案内
  • 入院のご案内
  • 診療科・部門案内
  • フロアマップ
  • 交通アクセス
  • 医療・福祉相談
  • よくあるご質問