• 当院について
  • ご利用の皆さまへ
  • 診療科・部門案内
  • 医療関係者の皆さまへ
  • 特色・取り組み
当院について
当院について
当院について
特色・取り組み

診療科・部門案内

小児外科

新患担当医
窓口 / 内線
窓口:こども外来
内線:6020・6021
  • 休診(手術日)
  • 休診(手術日)
再来担当医
窓口 / 内線
窓口:こども外来
内線:6020・6021
  • 休診(手術日)
  • 休診(手術日)

診療科の紹介

概要

小児救急患者に対する外科的な介入と重症心身障がい児のQOL改善のための手術を行っていることが当院の特色です。

小児救急

小児救急には多診療科および様々な職種によるチーム医療が必要です。小児外科は外科的な評価・治療の役割を担っており、小児科を中心とする多診療科、多職種とともに重症の小児救急患者の迎え搬送、小児ICUでのチーム医療を進めています。これらの分野は日本では未発達ですが、モデルケースとなるべく発展を続けています。

重症心身障がい児(者)のQOL改善のための手術

様々な基礎疾患を持った小児に対して、QOLを改善するための手術を積極的に行っています。特に呼吸状態の不安定な小児については、手術を待機している間に急変することもあるため、小児科と協力して準緊急で手術を行っています。
また、腹腔鏡下噴門形成術や胃瘻造設術の手術は、高度の側弯症などによる体幹の変形がある場合でも腹腔鏡での手術を完遂しており、最近5年間では開腹への移行は1例もありません。長期の入院は保護者への負担になることがありますが、当科での入院期間は4-7日程度とできるだけ短くしています。

診断の低侵襲化

小児では成人よりも放射線被ばくの影響が大きいことが知られており、エコー診断が重要とされています。全国規模での活動として、2014年に日本小児超音波研究会が発足しました。
当科では、虫垂炎をはじめとする急性腹症の診断には、第1選択としてエコー検査を用いており、CT撮影の割合を1%程度にすることに成功しています。また、放射線を用いた透視検査は、適応を絞ることで件数を減らし、さらに従来はCTで評価していた疾患についても、MRIでの評価に置き換えることで放射線を用いずに評価するようにしています。

治療の低侵襲化

予定手術の約7割は内視鏡で行っています。ただし、症例が少ないなどの理由により、現時点では開腹手術のほうが利点が大きいと考える手術は、従来通り開腹手術を選択しています。小児外科の代表的な疾患である「鼠径ヘルニア」については全例を腹腔鏡で行っており、手術時に対側の評価も可能となっています。

医療機関の認定

  • 日本小児外科学会教育関連施設
  • 日本超音波医学会専門医研修施設
ご利用案内

外来受付時間(月〜金)8:30〜11:30 ※再来受付機は8:00〜 ※土・日・祝は休診日

  • 救急受診について

面会時間 (月〜金)14:00〜20:00 (土・日・祝)10:00〜20:00

  • 外来受診のご案内
  • 入院のご案内
  • 診療科・部門案内
  • フロアマップ
  • 交通アクセス
  • 医療・福祉相談
  • よくあるご質問