• 当院について
  • ご利用の皆さまへ
  • 診療科・部門案内
  • 医療関係者の皆さまへ
  • 特色・取り組み
当院について
当院について
当院について
特色・取り組み

診療科・部門案内

循環器内科

新患担当医・再来担当医
窓口 / 内線
窓口:11
内線:6210・6211

診療科の紹介

総合救命救急センターを有するため、急性心筋梗塞をはじめ、心臓病全般に亘る救急疾患を中心に医療を行っています。経皮的冠動脈インターベンション(PCI)も急性冠症候群が多いのが当科の特徴です。
また診療機能連携に積極的に取り組み、慢性期の患者さんの治療はほとんど最寄りの医療機関にお願いしています。

ドクターカー・ドクターヘリ

重症や緊急の患者さんはドクターカーやヘリによる搬入も行っております。ご利用下さい。

主な疾患

虚血性心臓病(急性冠症候群など)

年間約200例の急性心筋梗塞の患者さんには、速やかにPCIなどの再疎通療法を行いDoor-to-Balloon(当院到着から風船治療による血流再開)時間を短縮し救命率の向上に努めています。

狭心症

冠動脈造影検査(年間約700例)を施行し、さらに心臓核医学検査(年間約200例)によりPCI(年間約300例)の適応を決定しています。

不整脈・心房細動

徐脈性不整脈の患者には永久ペースメーカー植込みを行っておりましたが、頻脈性不整脈の患者さんに対する心臓電気生理学的検査やカテーテルによる根治術(カテーテルアブレーション)や、生命に危険を及ぼす重症不整脈に対してはICDを植込んでいます。

弁膜症・心筋症・心不全

心筋症などの心不全の症例に対してはβブロッカー療法を行い良好な結果を得ていますが、適応のある患者さんには両室ペーシングや両室ペーシング機能付ICDの植込みも行っています

医療機関の認定

  • 日本循環器学会認定循環器専門医研修施設
  • 日本不整脈学会認定不整脈専門医研修施設
  • ロータブレーター認定施設
  • 植込み型除細動器(ICD)/ペーシングによる心不全治療(CRT)植込み認定施設
ご利用案内

外来受付時間(月〜金)8:30〜11:30 ※再来受付機は8:00〜 ※土・日・祝は休診日

  • 救急受診について

面会時間 (月〜金)14:00〜20:00 (土・日・祝)10:00〜20:00

  • 外来受診のご案内
  • 入院のご案内
  • 診療科・部門案内
  • フロアマップ
  • 交通アクセス
  • 医療・福祉相談
  • よくあるご質問