• 当院について
  • ご利用の皆さまへ
  • 診療科・部門案内
  • 医療関係者の皆さまへ
  • 特色・取り組み
当院について
当院について
当院について
特色・取り組み

診療科・部門案内

病理診断科

病理診断科の紹介

病理部門は表に出ない縁の下の仕事です。
治療前の主たる役割は臨床医が採取した患者さんの病変が悪性腫瘍(がん)か、良性腫瘍や炎症などのがん以外の病変なのかを顕微鏡で覗いて判定することです。画像診断が進歩した現在でも、とくに腫瘍性病変は可能な限り治療開始前に生検や細胞診で病理学的な良悪性の診断をつけることが重要で、ほとんどの症例でその確証を得ることができます。

治療後の役割もあります。手術および最近では内視鏡的に切除された病変の精査です。術前診断のチェックは言うまでもありませんが、がんの場合にはいろいろな病理学的因子を検討して、個々の患者さんのがんの悪性度を推測したり、病変の進行度を決定して、予後予測や治療に役立つ情報を臨床医に提供します。最近は様々な抗体を使った免疫染色と呼ばれる手法を駆使して、客観的で治療に直結する情報を提供できるようになってきています。

最後に、欠かせない役割があります。それは患者さんが不幸な経過を辿られた場合、病理解剖を行って、患者さんの死因の究明、病気の進行度、治療効果等を担当医とともに検討する仕事です。特に死因の究明は時代の要求もあり、古くて新しい重要な病理の仕事と言えそうです。

医療機関の認定

  • 日本病理学会研修認定施設B
ご利用案内

外来受付時間(月〜金)8:30〜11:30 ※再来受付機は8:00〜 ※土・日・祝は休診日

  • 救急受診について

面会時間 (月〜金)14:00〜20:00 (土・日・祝)10:00〜20:00

  • 外来受診のご案内
  • 入院のご案内
  • 診療科・部門案内
  • フロアマップ
  • 交通アクセス
  • 医療・福祉相談
  • よくあるご質問