• 当院について
  • ご利用の皆さまへ
  • 診療科・部門案内
  • 医療関係者の皆さまへ
  • 特色・取り組み
当院について
当院について
当院について
特色・取り組み

診療科・部門案内

呼吸器内科

一般
窓口 / 内線
窓口:3
内線:6130・6131

呼吸器内科外来診療の一部制限について

救急及び総合病院としての機能を維持するため、呼吸器内科外来では、平成27年5月25日からやむを得ず一部診療を制限させていただきます。大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解くださいますようお願いいたします。

外来診療対象者

  • 紹介状を持参された方
  • 予約された方

※紹介状をお持ちでない方や予約をされていない方は、大変恐縮ですが、まず近隣の医院(クリニック)へご相談ください。
緊急性の高い場合は、別途内科外来へご相談ください。

診療科の紹介

呼吸器内科では、肺炎、胸膜炎などの呼吸器感染症、気管支喘息などのアレルギー性疾患、肺気腫などの慢性閉塞性肺疾患、非結核性抗酸菌症や気管支拡張症などの慢性下気道感染症、間質性肺炎などのびまん性肺疾患、肺がんなどの胸部の悪性疾患、呼吸不全など、急性期から慢性期の呼吸器疾患の診断と治療を幅広く行っています。救命救急センターを経由して入院される方が4割を占めています。慢性呼吸不全の患者さんには、在宅酸素療法やNIPPVなどの導入を行っています。

主な疾患

肺がん

当院はがん拠点病院であり当科では肺癌の診療に力を入れています。診断では、気管支鏡検査ではガイドシース付超音波検査を導入し、安全性と診断率の向上に努めています。また、放射線科にてCT下肺生検も積極的に行い迅速で正確な病理診断が可能です。治療では外科での手術、化学療法、放射線治療部と連携した放射線治療を組み合わせ、緩和医療の側面も考慮しながら集学的な治療を実践しています。また、外来での化学療法も積極的に行っています。

呼吸器感染症

当科では肺気腫や間質性肺炎など呼吸器基礎疾患のある方の下気道感染合併症例が中心です。非結核性抗酸菌症や気管支拡張症などの慢性下気道感染症の増悪なども多い疾患です。総合内科と連携をはかり質の高い感染症治療を実践しています。

気管支喘息・慢性閉塞性肺疾患

気管支喘息などのアレルギー性疾患、肺気腫などの慢性閉塞性肺疾患の診断と治療・管理を行っています。救急外来経由で受診される場合も多く、急性期の治療後に安定された方は積極的にかかりつけ医へ治療・管理をお願いし病診連携の充実に努めています。

びまん性肺疾患

気管支鏡検査を積極的に行い、必要に応じて胸腔鏡下の外科的肺生検も実施し可能です。正確な診断に努め適切な治療法の選択と治療・管理を行っています。

ご利用案内

外来受付時間(月〜金)8:30〜11:30 ※再来受付機は8:00〜 ※土・日・祝は休診日

  • 救急受診について

面会時間 (月〜金)14:00〜20:00 (土・日・祝)10:00〜20:00

  • 外来受診のご案内
  • 入院のご案内
  • 診療科・部門案内
  • フロアマップ
  • 交通アクセス
  • 医療・福祉相談
  • よくあるご質問