• 当院について
  • ご利用の皆さまへ
  • 診療科・部門案内
  • 医療関係者の皆さまへ
  • 特色・取り組み
当院について
当院について
当院について
特色・取り組み

診療科・部門案内

検査部の仕事

検査結果は病気の診断や治療の経過を観察する上でとても重要です。
検査部では検査結果を迅速にかつ正確に報告するように日々心がけています。
検査部の仕事は

  • 機械工学や電子工学の技術を応用し身体に見られる電気的変化などを検査する【生理機能検査】
  • 尿・血液などを人体から採取し検査する【検体検査】

の2つに分けられます。

<生理機能検査>

生理検査では心電図、心エコー、トレッドミル、肺機能、脳波、筋電図、ABIなどの検査を行っています。 当院では救急外来からの緊急検査が多く、心エコーを中心に予約枠に縛られることのない検査受け入れ体制をとっています。また迅速な検査結果報告に努めており、部門システムによる作業効率化や、電子カルテ端末から心エコー動画が閲覧可能なシステム構築を整えています。
心カテ室では心血管・末梢血管疾患に対する治療や、不整脈に対するアブレーション治療、ペースメーカー植え込み術などをサポートしています。
また、患者さんの急変時に備え、定期的なBLSトレーニングや医師・看護師への速やかな報告体制など、各部署と連携しながら検査業務を行っています。

詳細はこちら

<検体検査>

輸血が必要な患者さんの血液に対して、適合血を確認する『輸血検査』、血液中の成分を分析して症状の変化を検査する『臨床生化学検査』、貧血の原因や血液の凝固反応などを調べる『血液検査』、尿中の糖・タンパク質等の測定や便潜血の有無を検査する『一般検査』、喀痰からの結核菌、便からの病原性大腸菌(O-157他)等を検出して病気の原因となる微生物等を検査する『細菌検査』、また、感染の有無や経過を調べる感染症検査、癌の早期発見や治療効果、再発の有無をみる腫瘍マーカー検査、ホルモンのバランスをみるホルモン検査、薬の体内濃度を測定する血中薬物濃度検査などがあります。

詳細はこちら

運営

当院検体検査では約20年前よりSRLへの業務移行を段階的に進めてきており、現在では「輸血検査」を除いた検体検査を委託し、病院検査室内にブランチラボを展開しています。

委託業者との「協同検査室」。特殊な運用形態の検査部ではありますが、お互いの業務分担を明確化し精度の高い仕事を行なうことや、コミュニケーションの充実を図る事でより質の高い検査室の構築を進めています。今では、SRL職員にも院内のICTやNSTの各委員会等にも参画してもらいチーム医療にも貢献を果たしています。

時間外の夜間や休日においても救命救急センターと連動し緊急の検査や輸血がスムーズに行なえるよう、病院技師1名、SRL技師1名の当日直体制で対応しています。

ご利用案内

外来受付時間(月〜金)8:30〜11:30 ※再来受付機は8:00〜 ※土・日・祝は休診日

  • 救急受診について

面会時間 (月〜金)14:00〜20:00 (土・日・祝)10:00〜20:00

  • 外来受診のご案内
  • 入院のご案内
  • 診療科・部門案内
  • フロアマップ
  • 交通アクセス
  • 医療・福祉相談
  • よくあるご質問