• 当院について
  • ご利用の皆さまへ
  • 診療科・部門案内
  • 医療関係者の皆さまへ
  • 特色・取り組み
当院について
当院について
当院について
特色・取り組み

臨床指標

ごあいさつ

患者さんは質の高い医療を受けることを望み、医療者は質の高い医療を提供する努力をすべきであることはいつの時代でも当然のことです。しかしながら、実際はとても難しい問題で、わが国では医療側が提供している「医療の質」が公開されることはほとんどありませんでした。この「医療の質」というのは、一般的に医療施設の構造(施設、医療機器、職員配置など)、実際に行われた診療や看護の過程、その結果によって評価されます。医療を提供する側からすれば、自分たちの提供する医療がどのくらい標準的な医療に近いのかを常に評価して、より良い医療を提供する原動力にする必要があります。最近ではどのくらい標準医療に近い医療を行っているかを示す指標としてQuality Indicator(QI、クオリティー・インディケーター、質指標)が数値化され、その施設の提供する「医療の質」をお知らせする目的で公開されるようになってきました。

私たちの病院でも、この分野で先駆的ないくつかの施設の活動を参考にしながら、電子カルテに入力された情報などからクオリティー・インディケーターを算出できるようになりました。このような指標を数値化して目に見える形にすることによって、私たちが行っている「医療の質」のレベルを知ることができますし、数値が良くなければ改善への強い動機付けにもなります。すなわち、より質の高い医療を患者さんに提供するための大切なツールとしての役目を果たしてくれることになります。

私たちの施設はまだこの試みをはじめて日が浅く、十分な成績ではありませんが、これを提示することによって、今後の私たちの提供する医療の質改善への努力の礎にしたいと考えています。今後もこの活動を継続しながら、指標の項目や内容について追加・更新し、病院全体としての医療の質の向上を図っていく所存です。

熊本赤十字病院院長
一二三 倫郎