• 当院について
  • ご利用の皆さまへ
  • 診療科・部門案内
  • 医療関係者の皆さまへ
  • 特色・取り組み
当院について
当院について
当院について
特色・取り組み

病院情報の公表

平成27年度 熊本赤十字病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 2,914 604 468 706 1,186 1,743 2,764 2,992 2,452 546
当院の年齢別患者構成をみると、0~19歳までが全患者さんの21.4%を占めています。これを直近の熊本県人口調査による年齢構成と比較すると約7.8%多く、特に10歳未満では突出して多いことが大きい特色となっています。これは、当院がPICUを有する小児救命救急センターの指定を受けた「こども医療センター」を設置し、緊急性が高く高度な医療を要する小児疾患を広域から受け入れているためです。
また、20~60歳未満の就業年齢層の構成比は、県のそれと比較して約16%低く、60歳以上については、約5.5%程度高くなっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 急性肺炎 182 9.6 14.3 14.8% 72.9
110310xx99xxxx 急性腎盂腎炎 128 12.1 12.6 13.3% 66.4
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 71 14.3 21.7 56.3% 83.7
肺炎は現在、入院外で発症する市中肺炎と入院後48時間以降に発症する院内肺炎に分けられます。両者で抗生物質の使用期間が異なりますが、市中肺炎で5~7日間、院内肺炎で8~14日間の抗生物質の治療が必要になります。しかし、肺炎の重症度や治療の大変さは肺炎そのものより、高齢であること、基礎疾患や合併症による部分が多く、抗生物質の治療期間より長い時間の治療が必要になることが多くなります。誤嚥性肺炎は肺炎の原因が飲食物や唾液が肺に流れ込むことによって生じる肺炎です。多くの方は高齢、脳卒中後などの重篤な基礎疾患が背景にあることが多く、肺炎を契機に全身状態の悪化や呑み込みの力がさらに悪化し、その治療が難渋するため治療期間が長くなり、リハビリや療養のために転院が必要なることが多くなります。
当院では肺炎・誤嚥性肺炎のみならず全身の様々な状態の治療を、医師、看護師、リハビリテーション療法士、栄養療法などの様々な角度から行い、全国的にも短い治療期間で済むようにしております。
また、地域の病院と協力し速やかに転院してより快適で必要な医療が地域で受けられるように努めています。腎臓・尿路の感染症で入院される場合はほとんどは腎盂腎炎と呼ばれる高熱が続き、放置すると死に至る重篤な疾患です。腎盂腎炎でも軽症の方は外来で抗菌薬加療を行いますので、入院される方は特に重症の方となります。腎盂腎炎の抗生物質の治療期間は点滴で7~10日、その後内服の抗菌薬に変更し合計で14日間の治療を行います。ただ、腎盂腎炎を契機に基礎疾患の増悪や全身状態の悪化がおこったり、特殊な耐性菌などが原因の場合には内服の抗菌薬に変更できず点滴の抗菌薬で14日間の治療を行う場合もあり、平均すると在院日数が12日程度となります。
血液・腫瘍内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫化学療法(リツキシマブ) 80 8.7 17.7 8.8% 67.2
130010xx97x2xx 急性白血病(輸血・化学療法併用) 36 37.1 43.6 2.8% 63.1
130030xx99x50x 非ホジキンリンパ腫化学療法(ベンダムスチン塩酸塩) 28 8.1 15.5 0.0% 72.8
血液・腫瘍内科は血液腫瘍、固形腫瘍を問わず全てのがんを対象に化学療法を中心とした内科的治療を提供しております。悪性疾患の中では特に血液腫瘍の診療数が増加しています。
悪性リンパ腫の抗がん剤治療はクリニカルパスの導入により、短い入院期間で安全に治療を受けることが可能となりました。
一方、急性白血病の抗がん剤治療は感染症等の副作用のため比較的長期の入院期間が必要であり、平均在院日数は37.1日となっております。安全な治療が提供できるよう医師とコメディカルスタッフによるチーム医療を実践しております。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(昏睡なし・エダラボン使用) 249 12.3 18.1 75.5% 70.0
010060x099000x 脳梗塞(昏睡なし) 84 10.4 15.8 65.5% 72.2
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 60 5.5 6.3 3.3% 69.4
当院では救急神経疾患を中心に診療しておりますが、大半は脳梗塞急性期の患者さんです。この疾患は今後高齢化社会の進行に伴い、増加し重症化しつつあります。断らない脳卒中の救急受け入れのためには急性期から回復期、維持期への連携が重要です。当院では熊本地域脳卒中診療ネットワーク(K-STREAM)を通して、治療とリハビリが切れ目なく継続する地域完結型の脳卒中診療システムを展開しております。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9904xx 肺癌・化学療法 127 10.8 13.4 0.0% 68.8
040080x099x0xx 急性肺炎 65 13.5 14.3 12.3% 70.7
040040xx99100x 肺癌検査入院(針生検査法等) 36 3.2 3.3 5.6% 70.2
がん拠点病院として肺癌の診療に力を入れており多くの症例を診療しています。手術が可能な場合は手術を優先し必要に応じ術後に化学療法を追加します。手術適応とならない場合、化学療法と放射線治療を組み合わせ、緩和医療の側面も考慮しながら集学的な治療を実践しています。
また、慢性閉塞性肺疾患や喘息などを基礎疾患に持つ患者さんが、感染合併増悪から呼吸不全となり緊急入院となる場合も多く、救急救命センターを経由しての入院が約40%を占めます。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管炎・内視鏡的胆道ステント留置術等 174 9.1 10.9 8.0% 74.2
060020xx04x0xx 早期胃癌・内視鏡的手術(ESD・EMR等) 113 6.6 9.2 0.9% 72.8
060140xx97x00x 急性出血性胃潰瘍・内視鏡的消化管止血術等 80 8.4 11.0 20.0% 71.0
当科の入院患者数の半数は、救命救急センターから入院されます。その中でも、胆石や胆管狭窄に起因する急性胆管炎の患者さん、吐下血で来院される消化管出血の患者さんが多いのが特徴です。体に負担の少ない内視鏡的な治療を行い、短期間で退院していただくことを目指しております。
また、胃癌の内視鏡治療にも力をいれており、多くの紹介患者さんに対応しております。内視鏡治療数は県下でもトップクラスです。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 虚血性心疾患 心臓カテーテル検査入院 317 2.3 3.1 0.0% 67.1
050050xx0200xx 虚血性心疾患 経皮的冠動脈ステント留置術等 147 4.1 4.9 1.4% 69.3
050030xx97000x 急性心筋梗塞 経皮的冠動脈ステント留置術等 120 12.4 13.3 4.2% 68.1
外来での問診や心電図、心エコー、トレッドミル負荷試験、心臓CT等の検査で狭心症が疑われる患者さんには、1泊2日にて心臓に栄養を送る血管(冠動脈)にカテーテルという長い管を挿入して造影検査を行います。冠動脈に狭窄病変があれば、2泊3日で経皮的冠動脈インターベーション(細くなった冠動脈をカテーテルで広げたりする)にて血行再建を行っています。
また、当院は救命救急センターを有しており、急性冠症候群(急性心筋梗塞・不安定狭心症)の受入を積極的に行っております。急性冠症候群の患者さんは、入院後ただちに冠動脈検査を行い、引き続きカテーテル治療を行っています。迅速な治療を行い、心臓のダメージを少なくして早期離床~早期退院だけでなく予後の改善に努めています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x1xxx0xx 急性肺炎・急性気管支炎 570 5.1 5.7 0.2% 2.7
040100xxxxx00x 喘息 329 5.4 6.3 0.6% 4.0
150010xxxxx0xx 急性胃腸炎 193 3.6 5.5 0.0% 3.3
小児科では、呼吸器疾患の中でも肺炎、気管支炎、気管支喘息、消化器疾患では急性胃腸炎の入院患者さんを多く受け入れております。肺炎、気管支炎はパスを作成し、より良い治療の提供に尽力しています。
またPICU(小児集中治療室)を持つ小児救命救急センターとして内因性、外因性に関係なく急性期疾患に幅広く対応しております。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx0200xx 胆のう炎(結石性を含む)・腹腔鏡下胆嚢摘出術 189 5.7 7.8 0.5% 56.4
060035xx0100xx 結腸癌・結腸切除術(開腹 又は 腹腔鏡下) 129 12.8 17.4 12.4% 71.2
060150xx03xx0x 膿瘍を伴わない急性虫垂炎・虫垂切除術(開腹 又は 腹腔鏡下) 109 4.6 5.6 0.0% 35.5
当院外科では何らかの症状のある胆石症や胆嚢炎を起こした症例に対し腹腔鏡下胆嚢摘出術を行っています。また高度の炎症や癒着のため開腹による胆嚢摘出術を施行した症例が29例ありました。
結腸の悪性腫瘍(がん)に対する手術は予定手術では約90%、緊急手術を含めると約70%を腹腔鏡で行っています。このほかに直腸がんに対する手術が31例ありました。
虫垂炎の手術はほぼ全例腹腔鏡下手術で行っています。虫垂周囲膿瘍を伴った症例の手術は52例ありました。
いずれの疾患においても全国平均より短い在院日数でした。
このほかにも胃がんや肺がん、肝胆膵のがんに対しても、それぞれの専門医が手術を行っています。
乳腺内分泌外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx03x0xx 乳癌・乳房部分切除術 44 5.9 6.8 2.3% 61.9
090010xx01x0xx 乳癌・乳癌手術(腋窩部郭清を伴うもの) 29 9.7 11.6 0.0% 62.1
090010xx99x40x 乳癌化学療法(ドセタキセル水和物等) 23 2.8 4.7 0.0% 56.3
女性に多い悪性腫瘍である乳がんを専門領域としています。当院でも乳がん症例が増加しています。
温存術を第一に考えますが、全摘が必要な症例では、同時乳房再建症例も徐々に増えています。
平均入院期間は約6日間です。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術等 117 15.6 28.7 95.7% 84.4
160990xx97x0xx 多発外傷・手術あり 58 18.6 22.1 56.9% 56.6
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 46 5.6 5.7 6.5% 49.1
整形外科における多くの手術は骨折に対して行われており、特に高齢者の転倒時に生じる大腿骨周囲骨折や手関節周囲の骨折治療が目立っております。また救命救急センターを併設しているため 交通事故や高所からの転落などで生じる多発部位での骨折治療も増加しております。
多くの場合、手術後に症状が安定した状態になれば、ご家族のご希望に沿った病院に転院して頂き、地域で継続して治療が受けられる病病連携を行うようになっております。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010040x099x00x 脳出血(昏睡なし) 保存的治療 76 10.5 19.3 81.6% 67.9
160100xx97x00x 頭部外傷(外傷性慢性硬膜下血腫等)・穿頭手術等 73 6.7 10.0 38.4% 77.6
160100xx99x00x 頭部外傷 保存的治療 52 7.0 7.5 34.6% 47.0
脳卒中や頭部外傷の地域拠点医療機関として、多くの急性期疾患を受け入れています。最先端の顕微鏡手術や血管内治療を行い、重症頭部外傷に対しては集学的医療を行っています。
熊本型脳卒中連携パスを活用し、早期に回復期リハビリテーション病院への転院を行っています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050200xx97xxxx 下肢動脈狭窄症・四肢の血管拡張術等 71 3.8 10.8 12.7% 74.8
050180xx97xx0x 下肢静脈瘤・大伏在静脈抜去術等 70 3.0 3.5 1.4% 65.6
050161xx97x10x 解離性大動脈瘤・開胸手術(大動脈瘤切除術等) 39 20.2 29.8 82.1% 71.5
下肢の動脈硬化性疾患に対する治療や下肢静脈瘤に対する治療のほとんどは短期入院で治療が可能となっています。大動脈解離は緊急入院となることが多く、救命のために手術が必要となることがほとんどです。
そのほかにも心臓手術と胸部・腹部の大血管の手術をあわせて200例以上施行しており、県内での心臓大血管治療の一翼を担っています。緊急入院、緊急手術に対応できるように体制を整えています。
小児外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140590xx97xxxx 停留精巣・停留精巣固定術等 21 3.0 3.3 0.0% 3.5
060150xx99xx0x 急性虫垂炎(保存的治療) 12 4.8 6.7 0.0% 11.8
040081xx97x0xx 誤嚥性肺炎 手術あり 手術・処置等2 なし - - 43.9 - -
停留精巣手術は、そけいヘルニアと同様、2泊3日で行っています。手術の傷は手術用のボンドで覆うため、手術直後から濡れても問題ありません。
虫垂炎は腹部エコーで手術適応を厳密に決めることで、患者さん本人の希望にできるだけ沿うようにしています。さらに手術しない場合には4-5日程度の入院が必要ですが、入院中に2-3回の腹部エコーを繰り返して行うことで手術時期を逃さない工夫をしています。
重度の障害を持った方は唾液や食べ物が気管に誤って入る(誤嚥)ことがあり、日常的に大きな苦痛となります。これを完全に防止するための喉頭気管分離手術を小児外科で行い、手術前後の管理は小児科医と共同で行っております。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160200xx0200xx 顔面外傷(眼窩骨折手術・鼻骨骨折手術等) 41 5.0 5.9 0.0% 25.4
070570xx012xxx 瘢痕拘縮(瘢痕拘縮形成手術等) 18 8.3 12.1 0.0% 39.8
100100xx97x1xx 皮膚潰瘍(手術あり・局所陰圧閉鎖処置等) 12 44.1 50.9 33.3% 64.1
顔面骨折(鼻骨骨折、頬骨骨折、上顎骨骨折、外顎骨骨折、眼窩ブローアウト骨折等)の治療を行っています。多くの場合は吸収性プレートによる手術を行っています。
瘢痕拘縮は、外傷や手術の傷跡が引きつれを起した場合やケロイドに対して治療を行っています。手術以外に、ステロイドの外用やトラニラスト内服等も行います。
糖尿病足病変は、近年、糖尿病による合併症で足に傷ができたり、足趾の血流が悪くなる人が多くなっています。そのような病気に対して外科的に治療を行っています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161000x199x0xx 小範囲熱傷 保存的治療 11 8.4 12.7 27.3% 48.1
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし - - 4.4 - -
161000x102x0xx 熱傷・化学熱傷・凍傷・電撃傷(Burn Index10未満) 分層植皮術 25平方センチメートル未満等 手術・処置等2 なし - - 25.0 - -
顔面・手足などの特殊部位の熱傷、広範囲のため全身管理が必要な重症熱傷、全身麻酔での手術が望ましい皮膚・皮下腫瘍の切除を中心に行っています。広範囲の重症熱傷に対しては自家培養表皮を用いた手術も行っています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 経尿道的膀胱悪性腫瘍手術等 94 6.5 7.6 3.2% 72.8
110080xx9903xx 前立腺癌 ブラキセラピー 38 4.0 4.3 0.0% 67.6
11001xxx01x0xx 腎腫瘍 腎悪性腫瘍手術等 38 11.4 13.0 2.6% 62.7
高齢化に伴い泌尿器科癌の症例が増えてきています。最も多い膀胱腫瘍に対してまずは低侵襲な経尿道的手術でできるだけ対応し、表在性の場合は膀胱内注入など再発予防に努めています。前立腺癌に対しては当院の特色である小線源療法を主に施行しています。最近は高リスクの方が多く、外来で外照射を併用して治療しています。腎腫瘍、上部尿路腫瘍に対しては積極的に鏡視下手術を取り入れて低侵襲手術を行っています。転院が必要な方は近くの泌尿器科病院と連携して治療を継続するようにしています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx02xxxx 子宮筋腫・子宮筋腫摘出(腹腔鏡・子宮鏡)又は腹腔鏡下子宮全摘術 148 6.4 6.3 0.0% 43.9
120070xx02xxxx 卵巣腫瘍・子宮附属器腫瘍摘出術(腹腔鏡下) 109 6.0 6.5 0.0% 44.2
120010xx99x50x 卵巣癌化学療法(カルボプラチン+パクリタキセルまたはドセタキセル水和物) 80 3.7 5.2 0.0% 58.5
当院で、治療した症例数が最も多いのは、子宮筋腫等の子宮良性疾患で、次に良性の卵巣腫瘍の手術を多く行っています。悪性腫瘍の治療では、卵巣の悪性腫瘍に対する手術・抗癌化学療法の症例数が多くなっています。
耳鼻いんこう科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 慢性扁桃炎・扁桃摘出術 63 6.9 8.2 0.0% 25.1
030150xx97xxxx 耳下腺腫瘍・顎下腺腫瘍/耳下腺腫瘍摘出術等 48 8.5 7.9 0.0% 56.7
030428xxxxxxxx 突発性難聴 46 15.3 9.6 0.0% 60.6
扁桃摘出術は、慢性扁桃炎のみに限らず、睡眠時無呼吸症候群や、IgA腎症などの病巣感染症の治療目的の手術が多くなっています。
頭頚部の悪性腫瘍については化学療法と放射線、さらに手術を症例ごとに選択し、集学的治療を行っています。治療法の選択については標準ガイドラインを重視しております。
突発性難聴は、ステロイド治療を軸に、高気圧酸素療法などを重症度にあわせて併用しております。
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷(保存的治療) 49 2.8 7.5 12.2% 49.2
030400xx99xxxx 末梢性めまい症 33 3.2 5.3 9.1% 65.8
161070xxxxx00x 急性薬物中毒 30 2.6 3.6 30.0% 54.7
救命救急センターには外因、内因どちらもが運ばれてきます。救急科として入院を担当することが多いのは①頭部外傷②めまい症③薬物中毒です。頭部外傷では手術が必要でないものを担当します。
めまい症では頭蓋内疾患が否定されたものを担当します。
薬物大量服用等による薬物中毒については、当院に精神科がないため、他院に精神科のサポートを依頼することとなります。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 155 20 - 20 22 29 1 7、6
大腸癌 46 62 86 62 14 13 2 7
乳癌 38 48 21 14 12 13 1 7、6
肺癌 45 11 50 81 24 97 1 7、6
肝癌 - 14 - 16 - 67 2 5
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
悪性疾患は手術、化学療法、放射線療法が治療の柱となり、がんの種類と進行度によって治療法は異なります。一般的に初期のがんでは手術療法、進行がんでは化学療法が治療の主体となります。
複数の治療法を組み合わせた集学的治療が必要と考えられる症例については、内科系及び外科系医師、放射線科治療医、病理医、メディカルスタッフ等との合同カンファレンス(キャンサーボード)にて検討を行い、最適な治療が受けて頂けるようにしています。
精神的、身体的な辛さをかかえる方に対しては緩和ケアチーム、精神腫瘍科のサポートによる緩和ケアを実践しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 40 7.5 52.1
重症度 1 61 11.2 72.3
重症度 2 68 11.6 78.6
重症度 3 47 19.0 83.6
重症度 4 14 13.4 82.1
重症度 5 - - -
不明
肺炎は入院外で発生する市中肺炎と、入院後48時間以降に発症する院内肺炎に大別されます。
この中で市中肺炎は通常抗生剤の治療期間は5~7日間とされています。軽症の市中肺炎は外来での抗菌薬治療も行っておりますので、入院される方は特に重症の方が多くなります。肺炎は健康な方には起こりにくく、高齢や脳卒中後、心不全、糖尿病、肝硬変、腎不全といった重篤な基礎疾患がある方に起こりやすく、かつそのような方で発症すると重症化しやすい、肺炎を契機に全身状態の悪化や基礎疾患の増悪を招くという特徴があります。
このため、治療期間が抗菌薬の治療期間より長くなります。特に重症度が4~5など極めて高くなると肺炎からの派生である敗血症性ショック、急性呼吸窮迫症候群や多臓器不全となりそちらの治療に重点が置かれる形となり、医療資源の投入もそちらが多くなるため、この統計では反映されにくくなります。重症の患者さんにもさまざまな角度からの全身的治療を行って全国的にも短い治療期間で済むように治療を行っております。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 64 5.5 70.7 4.7%
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内 466 13.3 73.8 77.5%
その他 33 10.5 68.0 69.7%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他
急性期病院の第一の使命は閉塞血管の再開通により神経症候の消失、軽減化を図ることです。当院では超急性期の閉塞血管再開通治療(t-PA静注療法、血栓回収療法)を24時間365日体制で院内をあげてのチーム医療として展開し、県内随一の施行件数を誇っております。
また、脳梗塞の急性期治療、その後の再発予防には発症機序診断、病型診断が重要です。当科では詳細な病歴聴取、身体所見の診察を基本に、頭部MRI・CT、脳血管造影検査、神経超音波検査、心臓超音波検査、RI検査を駆使して適切な診断とその後の治療、リハビリ、マネジメントに繋ぐことに努めております。
神経内科は脳神経外科と共通病棟で密な連携を取り、減圧手術、血管バイパス術、頚動脈内膜剥離術などの適切な外科的治療を施行しております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 35 13.7 13.5 40.0% 63.9
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 23 1.9 17.9 21.7% 72.9
K386 気管切開術 19 17.5 35.0 63.2% 74.7
内科の患者さんで尿管ステント留置術が行われるのは、一般に尿管結石で尿の流れが悪いところに細菌の感染症を合併する結石性腎盂腎炎によるものです。通常の腎盂腎炎よりはるかに重篤になりやすく、速やかに尿の流れをよくする治療が必要なために、尿管にステントをいれ、結石で閉塞されている尿の流れを改善しています。
当院では泌尿器科との連携の下、速やかに必要な方に緊急での処置を行うことで、よりよい治療成績を目指しております。内科の患者さんで気管切開がなされるのは、肺炎や敗血症などで呼吸状態が悪いために気管内挿管を行った上で人工呼吸器管理を行っている方が大部分となります。現在、気管内挿管を行った上での人工呼吸器管理は14日に以上にわたって行うと、肺炎などの合併症が増加することが知られております。
このため、人工呼吸器管理が長期に必要な方に関しては1週間をめどに外科・救急科と協力し気管切開を行い、より安全な人工呼吸器管理ができるように努力しております。全身状態が極めて悪い方が多くなりますので、リハビリや長期療養を要する方が多く、転院される方が多くなります。地域連携で転院を行い、患者さんの医療必要性に見合った医療が適切に受けられるようにしております。
神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K178-4 経皮的脳血栓回収術 13 0.1 15.5 100.0% 75.9
K1492 減圧開頭術(その他) - - - - -
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - - - -
脳梗塞発症後の超急性期(発症後8時間以内)に閉塞血管の血栓をカテーテル治療で取り除き再開通させる治療(経皮的脳血栓回収術)の効果が2014年から世界中で確認されました。最新の治療ガイドラインでは一定の基準を満たす患者さんには積極的にこの治療を行うことが推奨されております。われわれは適応のあるすべての患者さんにこの治療が施行できるように、病院をあげて24時間365日体制で取り組んでおります。
従来の治療だけでは改善が見込めないような場合でもこの治療を施行することで、多くの患者さんが良好な経過をたどっております。Time is brain(時は脳なり)といわれるように、少しでも早い脳血流の回復が治療のポイントです。
今後さらに早い再開通が得られるように院内システムとスキルの向上に努めます。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 403 0.2 1.3 0.0% 66.3
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 193 1.1 11.6 14.5% 76.3
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術113 113 0.1 5.4 0.9% 72.6
2cm以下の大腸ポリープは通常1泊2日入院で内視鏡的に切除しています。1cm以下でポリープの数が少なければ外来で切除することもあります。内視鏡的胆道ステント留置術は、胆管がんや総胆管結石などで胆管が閉塞したときに内視鏡を使って閉塞した胆管にステントと呼ばれる人工的な管を入れて胆汁が流れるようにする方法です。
早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術とは、早期胃がんを内視鏡で切除する方法です。おなかをきらずに治療することができます。通常5泊6日の入院で治療しています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 117 2.2 3.8 2.6% 69.6
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術 不安定狭心症に対するもの 76 0.1 10.0 7.9% 69.0
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術 急性心筋梗塞に対するもの 75 0.0 13.1 1.3% 69.3
虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)の患者さんでは、適応があれば、冠動脈(心臓を栄養する血管)の狭窄、あるいは閉塞に対して経皮的冠動脈インターベーション(細くなった冠動脈をバルーンで広げたりする)による血行再建術を行っています。95%以上の患者さんにはステントと呼ばれる細長い金属の筒を冠動脈に挿入して良好な血流を再開するようにしています。安定した患者さんよりも、急性心筋梗塞や不安定狭心症などの緊急に治療が必要な患者さんが多いのが当院の特徴です。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7151 腸閉塞症手術(腸重積症整復術)(非観血的) 27 0.0 1.3 0.0% 1.9
K300 鼓膜切開術 - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
小児科で手術を行うことはありませんが、腸重積に対する整復は小児科医が行っています。腸重積は、整復をしない場合は命に関わる怖い病気です。小児科医による整復で腸重積を治せない場合には、小児外科の先生に手術で外科的に整復をお願いしています。
難治性の中耳炎に対して鼓膜切開術を、気道・呼吸の疾患に対して気管切開術を、それぞれ耳鼻科、小児外科の先生にお願いして施行して頂いています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 197 1.0 3.9 0.5% 56.7
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 118 1.1 2.7 0.0% 63.7
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 114 0.3 3.4 0.0% 36.3
当院外科では予定手術は原則として手術前日の入院としています。虫垂炎は手術が必要と判断した場合はその日のうちに手術を行い入院をできるだけ短くしています。また鼠径ヘルニアに対してはほぼ全例を合併症や再発が少ないとされる腹腔鏡手術で行っています。
乳腺内分泌外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 44 1.0 3.8 2.3% 61.9
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 19 1.1 7.4 0.0% 61.9
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) 17 1.1 11.4 0.0% 59.5
女性に多い悪性腫瘍である乳がんを専門領域としています。
当院でも乳がん症例が増加しています。
温存術を第一に考えますが、全摘が必要な症例では、同時乳房再建症例も徐々に増えています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 115 2.4 10.5 72.2% 72.1
K0462 骨折観血的手術(前腕) 96 2.3 9.2 35.4% 55.0
K0821 人工関節置換術(膝) 57 1.7 25.9 29.8% 75.3
大腿骨骨折の場合には その骨折型により早期から体重が十分にかけられない場合もあり、多くの方はお住まいの近くのリハビリ病院に転院して頂き 継続して治療を行って頂いております。
前腕付近の骨折の場合、多くは術後数日で自宅退院できますが、両手や複数部位の骨折がある場合には転院をお願いすることがあります。
人工膝関節を行った場合、術後数日から1週で歩行器歩行を行い、杖歩行が十分可能になれば退院となります。ただし、術前より著しく膝周囲の筋力低下があったり、膝関節の動きが固い場合には、リハビリ病院に転院して引き続き筋力増強訓練や関節可動域訓練を行って頂いております。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 100 0.2 5.8 39.0% 79.9
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 43 1.1 19.1 53.5% 65.4
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの) 脳内のもの 12 0.3 19.8 100.0% 56.7
慢性硬膜下血腫に対しADL改善目的で早期手術を行っています。
くも膜下出血患者に対して最先端の顕微鏡手術や血管内治療を行っています。
脳内出血患者に対して、救命及び機能改善目的で積極的に手術を行っています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K560 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む) 101 1.2 21.8 61.4% 69.5
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 96 1.0 1.8 14.6% 76.3
K617-2 大伏在静脈抜去術 63 1.0 1.0 1.6% 65.6
動脈瘤に関しては、急性大動脈解離も含めて多くの患者の手術を行っています。人工血管で置き換える手術やステントグラフトを挿入する手術を行っています。
四肢の動脈硬化性病変に対してはカテーテルによる治療を中心に行っています。
下肢の静脈瘤は、他院で治療できないような病変が多くストリッピングを中心に治療を行っています。症例によってレーザー治療も施行可能です。
小児外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 120 1.0 1.0 0.0% 4.7
K836 停留精巣固定術 16 1.0 1.0 0.0% 3.7
K667-2 腹腔鏡下噴門形成術 16 1.7 4.9 62.5% 12.3
そけいヘルニアは小さな傷で同時に両側を手術できる腹腔鏡での手術を行っています。ただし希望があれば従来のそけい法での手術も行います。
停留精巣は1歳まで経過をみても陰嚢に精巣が降りてこない場合に手術を行っています。
重度の障害を持ったお子さんや大人の方にとって、日常的なストレスとなる胃食道逆流症に対しては、全例で腹腔鏡での手術を行っています。また手術前後の入院日数は、かかりつけの施設と連携することで、できるだけ短くなるように調整しています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K333 鼻骨骨折整復固定術 32 1.3 3.2 3.1% 23.2
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(上腕) 16 1.0 3.0 0.0% 53.6
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) 13 1.0 1.8 0.0% 8.5
顔面骨折に対しては、受傷後1週間以内に整復を行うことが望まれます。当院では、鼻内から整復して顔に傷はつけません。軟部腫瘍とは、皮下組織の腫瘍です。当院では最小限の傷跡となるように小さな切開から摘出術を行っています。皮膚のできもの(腫瘍)や皮膚癌に対しても、出来る限り傷跡が目立たないように手術を行っています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 91 2.1 4.2 3.3% 72.8
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 38 1.9 9.2 0.0% 66.7
K773 腎(尿管)悪性腫瘍手術(1歳以上) 12 1.8 9.8 16.7% 60.8
高齢化に伴い泌尿器科癌の症例が増えてきており、最も多い膀胱腫瘍に対してはまずは低侵襲な経尿道的手術でできるだけ対応し、表在性の場合は膀胱内注入など再発予防に努めています。腎腫瘍、上部尿路腫瘍に対しては積極的に鏡視下手術を取り入れて低侵襲手術を行っています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 165 0.9 4.2 0.0% 41.8
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 105 1.2 4.7 0.0% 47.6
K867 子宮頸部(腟部)切除術 88 1.0 1.0 0.0% 42.2
当院で、最も手術件数が多いのは、良性の卵巣腫瘍に対する腹腔鏡下手術(附属器腫瘍摘出術 165例)で次に腹腔鏡下膣式子宮全摘出術 105例です。良性疾患に対する腹腔鏡下手術を多く行っていますが、悪性腫瘍でも腹腔鏡下手術を行う症例があります。子宮頚部切除術(円錐切除術)、子宮頸がんの初期または前がん状態に対して診断と治療両方の目的で行っています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 314 1.0 4.6 0.0% 76.2
K279 硝子体切除術 - - - - -
K224 翼状片手術(弁の移植を要するもの) - - - - -
白内障手術を主におこなっています。白内障手術や怪我による眼球損傷の手術の際に硝子体手術を同時におこなう場合があります。
翼状片手術は、単独でおこなう場合と白内障手術時に同時におこなう場合があります。
耳鼻いんこう科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 94 1.0 5.0 0.0% 19.5
K4571 耳下腺腫瘍摘出術(耳下腺浅葉摘出術) 28 1.2 6.6 0.0% 56.6
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術III型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 22 1.3 6.1 0.0% 59.1
扁桃摘出術は、発熱やのどの痛みを繰り返す、いわゆる慢性扁桃炎に対して行われてきました。しかし、最近は、睡眠時無呼吸症候群や、IgA腎症などの病巣感染症の治療目的の手術が多くなっています。IgA腎症に対しては、内科と連携し、ステロイド治療の円滑な導入を図っています。
慢性副鼻腔炎については、現在、内視鏡手術が主流ですが、重症の副鼻腔炎に対しても、両側同時手術を行い最小限の入院期間で済むよう行っております。
耳下腺をはじめとする唾液腺の他、頭頚部の良性、悪性腫瘍についても、可能な限り対応しております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 10 0.06%
180010 敗血症 同一 77 0.47%
異なる 60 0.37%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 131 0.80%
異なる 15 0.09%
DICは血管の中で微小な血栓(血の塊)ができることで、血液の固まる機能が低下している状態です。全身の状態の悪化に伴う、いわゆる多臓器不全の一つとして合併することが多い状態です。DICの治療はその原因となった病気であったり、全身状態の管理が最も重要な治療となることが現在のエビデンスでは示されており、確立されたエビデンスに基づく治療を行うとDICが最も医療資源を投入した病名となることは比較的少なくなります。当院では、確立された標準療法を行うことを重視しているため、医療資源が最も投入された病名がDICとなる方は比較的少なくなっています。

敗血症とは、感染症に伴い炎症が全身に影響を与えて臓器の機能が障害された状態を指します。肺炎や腎盂腎炎などの一つの臓器の感染症から始まっても敗血症になると多臓器不全となり回復が難しい状態となり、単に肺炎などの一つの臓器の感染症の治療のみならず全身の管理が必要となります。このため、重症の感染症の治療では最も資源を投入した病名が敗血症となる割合が増えることとなります。また、感染症で抗菌薬などを投与しても状態の改善が図れるのは通常48時間以上たってからであり、その間に臓器の障害が進行し敗血症に進行することが知られています。このため、入院の契機になった病名が肺炎などのある臓器の感染症であっても、病態の進行のために医療資源を投入した病名が、敗血症となることがしばしば起こります。当院では、重症の感染症の方が多く全身的な管理・加療を行っているため、医療資源が最も投入された病名が敗血症となる方が比較的多く、また、入院の契機となった疾患から入院中に敗血症になり病名が変わっている例が比較的多くなります。

手術・処置等の合併症の内訳は 手術後の感染症など、手術の合併症が53件 シャントトラブルなど、透析に関するものが40件 アレルギー反応など、薬剤や予防接種の副作用によるものが22件 内視鏡的処置に関するものが17件 その他の処置による合併症が14件 となっています。
更新履歴
ご利用案内

外来受付時間(月〜金)8:30〜11:30 ※再来受付機は8:00〜 ※土・日・祝は休診日

  • 救急受診について

面会時間 (月〜金)14:00〜20:00 (土・日・祝)10:00〜20:00

  • 外来受診のご案内
  • 入院のご案内
  • 診療科・部門案内
  • フロアマップ
  • 交通アクセス
  • 医療・福祉相談
  • よくあるご質問