当センターについて

総合救命救急センターの基本方針

救急患者の重症度は一次(軽症)、二次(中等症)、三次(重症)に分類され、重症な方ほど優先的な治療が必要になります。しかしその判断は、医療が介入して初めて分かるものであり、患者自身で判断することは困難と思われています。
当院は三次救急医療を担う総合救命救急センターに位置づけられており、救急車で搬送される生命の危険が切迫している患者に対応できる体制を整えています。また一方で、救急外来に直接来院された方のうち、約0.5%(200人に1人)は三次に分類される重症度の高い方です。そのため、来院手段にかかわらずすべての方を断らずに受け入れる救急体制があってこそ、たくさんの命を救うことができると考えています。

Anyone(こどもからお年寄りまで。軽症者から重症者まで。)
Anything(診療科を問わずどんな疾患も。)
Anytime(24時間365日。平時から災害時まで。)

これこそが当院救命救急センターのコンセプトです。

救命救急センターの概要

日本でも有数の広さを誇る当院救命救急センターには、24時間365日、3~6名の救急専従医が勤務しており、院内の各診療科と連携しながら救急患者の初療を担当しています。「軽症から最重症まで幅広く診察・治療の知識を持っている」と日本救急医学会に認められた救急専門医は10名所属しており、臨床初期研修医や初期研修を終えた後期研修医への指導とともに、救命救急センターでの治療の中心を担っています。また、重症な方に対応するための様々な医療機器も備えており、日本中に誇れる救命救急センターであるといえます。
医師のみならず、所属する医療スタッフそれぞれが自らのスキルアップを図るための研鑽を積極的に積むとともに、救命救急センター全体でのコンセプトの確認や相互指導のためのセンター内カンファレンス、各診療科との連携のための合同カンファレンスなども定期的に開催しています。

攻めの救急医療

救急医療は「待ったなし」であり、時や場所を選ばず生命の危機は起こりえます。
当院では、患者さんの搬送をただ待ち受けるだけではなく、1分1秒でも早く救急現場で診断・治療を開始するため、積極的に病院外に出ていく姿勢が必要と考えています。
熊本県ドクターヘリの基地病院の使命として空から現場にアクセスするドクターヘリで、また陸からのアクセスは2台のドクターカーや熊本市救急ワークステーションの救急車でと、様々な手段を駆使しできるだけ早く現場に医療を持ち込む「攻めの救急医療」を展開しています。

Topic:「t-PAモードでいこう!」

急性期脳梗塞の疑いのある方が搬送されるという情報が救急現場から入ると、救命救急センター内はバタバタと忙しくなります。血栓(血の固まり)による脳梗塞の場合、様々な制限や条件はありますが、発症から4.5時間以内であれば、t-PA(血栓溶解剤)を用いた治療が開始できます。このため、救命救急センターでの受け入れから診断・検査・治療開始・入院までの流れをできるだけ早くするために、関係各部署に連絡するための合言葉が「t-PAモード」です。この一言で、各部署はこれから何が起こるかを知り、最優先で対応する体制を立ち上げます。
実際にt-PA治療の対象となるのは、このモードが宣言された事例の約10%ですが、迅速な対応を24時間フル稼働で行っています。

外傷外科について

重症外科において、蘇生・集中治療は一連の流れとして行われるべきものです。しかしながら、様々な科が関わる多発外傷では、なかなか一連の流れとして対応できません。そこを補完する目的で、救命救急センターに外傷外科を新設いたしました。
外傷外科が蘇生・集中治療、治療方針の決定に広く関わることにより、外傷診療のレベルアップに努めていきたいと考えています。

Topic:「コードレッド!」

時に当院の全館放送でかかる緊急コールです。
重症外傷は時間との戦いです。生命を救うための緊急治療の段階を経て、機能保全を目指した根本治療までの時間をいかに短縮できるかが重要なポイントです。
「コードレッド」は、救急現場から重症外傷の方が搬入されるという情報が入った段階で宣言され、外傷治療に関わる各診療科の医師を救命救急センターに参集させるとともに、手術室や集中治療部門においても、緊急手術やその後の集中治療管理に対する準備を開始します。
また、毎月1回開催される「トラウマ(外傷)カンファレンス」で、コードレッドが宣言された事例を振り返るとともに、重症外傷を負った方の救命率を向上させるための診療体制の整備等について議論を重ねています。

小児救命救急センター

診療科の領域を問わず、全ての重篤な小児救急患者を24時間体制で受け入れる施設として、都道府県の指定を受けています。
当院は、ドクターヘリ基地と小児救命救急センターを兼ね備えた全国初の施設です。
南九州の小児救急医療の拠点として小児救急医療体制の充実に貢献したいと考えています。

こども医療センターの詳細はこちら

小児外傷について

当院は救命救急センターにPICUが併設するという、全国的にも珍しい施設です。そのため、県内および一部県外からも小児重症外傷が集約されています。
また、初療・集中治療に小児科が積極的に関わるのも当院の特徴です。
とはいえ、小児外傷の数は少ないため、成人外傷を多く経験している外傷外科も初療・集中治療に関与し、小児科が集中治療を一貫して管理するなどの工夫をして、少しでも治療成績向上に努めたいと考えています。

医療関係者の皆さまへ

当センターでは、救急医の募集や臨床研修医向けの見学なども行っております。詳しくは医師募集について(救急医)のページ、臨床研修病院 - 後期研修医プログラムERコースのページをご覧ください。