熊本赤十字病院

新型コロナウイルスに関するお知らせ

Clinical_Lesearch

小児上部尿路感染症に対するCefmetazole(CMZ)の使用経験の検討

  • 承認日 | 2020.02.27
受付番号
№386-3
研究課題名
小児上部尿路感染症に対するCefmetazole(CMZ)の使用経験の検討
当院研究責任者
小児科 伴 英樹
研究分担診療科
小児科
研究機関名
熊本赤十字病院
研究期間
2020年2月27日~2020年12月31日
研究目的と意義
近年、ESBL産生菌を起因菌とする小児上部尿路感染症が増加傾向であり、従来推奨されてきた抗菌薬のCefazolinやCefotiamはESBL産生菌に耐性を示す。2015年以降、当院ではESBL産生菌に感受性を認めるCefmetazoleを小児上部尿路感染症の初期抗菌薬として使用してきた。その使用経験を検討する。
研究方法
●対象
2015年4月1日から2019年3月31日の期間に、当院に入院した初発の小児上部尿路感染症で、初期の抗菌薬にCefmetazoleを使用した例
●利用するカルテ情報
性別、年齢、起因菌の分離状況と抗菌薬の感受性、抗菌薬の投与期間、 解熱までの期間、抗菌薬変更の有無、小児集中治療室入室の有無、1ヶ月以内の再発の有無等
●方法
診療録から情報を収集し、後方視的に検討する
●他機関へ提供する方法
提供なし