熊本赤十字病院

新型コロナウイルスに関するお知らせ

Clinical_Lesearch

第5回日本褥瘡学会実態調査

  • 承認日 | 2021.08.10
受付番号
465
研究課題名
第5回日本褥瘡学会実態調査
当院研究責任者
皮膚科 吉野雄一郎
研究分担診療科
皮膚科
研究機関名
日本褥瘡学会
研究期間
2021年8月10日 ~ 2021年11月30日
研究目的と意義
日本褥瘡学会の実態調査委員会では、2006年より過去4回にわたり全国の病院、介護保険施設、在宅(訪問看護ステーション)を対象に褥瘡の実態を調査し、療養別の褥瘡有病率や有病者の特徴などを日本褥瘡学会誌等で報告した。第5回は、その後の褥瘡の実態を明らかにし、医療の質の向上に寄与するための基礎的なデータを得ることを目的とする。
研究方法
●対象
2021年10月1日~2021年10月31日の間に褥瘡の治療(検査)を受けた方

●利用するカルテ情報
疾患名、年齢、性別、健康障害のレベル、日常生活自立度、要介護度、褥瘡部位、褥瘡が発生した場所、褥瘡の病変、使用している体圧分散寝具、体位変換時間、栄養状態、局所治療計画、褥瘡対策危険因子、褥瘡ハイリスクのカテゴリー、発生要因、転帰

●方法
当院(入院)において褥瘡保有者の調査(2021年10月中に任意に指定した1日)を実施。調査結果は印刷した調査票にて提出する。

●他機関へ提供する方法
調査票に記載し郵送