熊本赤十字病院

新型コロナウイルスに関するお知らせ

Clinical_Lesearch

J-PDOPPS(腹膜透析の患者予後と治療方法についての調査)第2期追加調査研究

  • 承認日 | 2022.02.3
受付番号
484
研究課題名
J-PDOPPS(腹膜透析の患者予後と治療方法についての調査)第2期追加調査研究
当院研究責任者
腎臓内科 豊田 麻理子
研究分担診療科
腎臓内科
研究機関名
特定非営利活動法人 日本腹膜透析医学会
研究期間
2022年2月3日〜2022年12月31日
研究目的と意義
オーストラリア、カナダ、コロンビア、日本、ニュージーランド、韓国、タイ、イギリス、および米国の9か国にて行われる国際的研究調査であり、世界の腹膜透析(PD)患者の最適な治療法を確立することを目的とする。この調査により、PD療法の最適な処方を広め、PD患者の生存率向上・死亡率低下と、QOLを改善することを目指す。
研究方法
●対象
当院の管理のもと、腹膜透析(PD)を受けている18歳以上の患者

●利用するカルテ情報
性別、腹膜透析開始日、透析様式、透析様式変更・腎移植・転院・死亡等の日付・理由

●方法
電子カルテシステムを用いて収集する。

●他機関へ提供する方法
Web登録