熊本赤十字病院

新型コロナウイルスに関するお知らせ

Clinical_Lesearch

卵巣癌におけるPARP阻害薬の使用実態調査

  • 承認日 | 2022.06.6
受付番号
502
研究課題名
卵巣癌におけるPARP阻害薬の使用実態調査
当院研究責任者
薬剤部 黒木百香
研究分担診療科
薬剤部
研究機関名
熊本赤十字病院
研究期間
2022年6月6日〜2022年9月30日
研究目的と意義
当院において、PARP阻害薬であるオラパリブ、ニラパリブが処方された卵巣癌患者を対象に、後方視的に使用実態を調査することで、PARP阻害薬についての知見を増やし、支持療法への介入などにより、治療の負担軽減につなげる。
研究方法
●対象
2018年4月から2022年2月までに当院にて卵巣癌に対するオラパリブ又は、ニラパリブが処方された患者(34名)

●利用するカルテ情報
投与量、投与期間、副作用の種類、副作用の程度、治療歴

●方法
電子カルテ上の情報を収集し、後方視的に調査する