熊本赤十字病院

新型コロナウイルスに関するお知らせ

Specialized outpatient

新型コロナウイルス感染症発生(12/30)後の経過(最終報告)

  • 2021.01.18 |

12/30~1/5の間、当院において職員1名と患者さん3名が新型コロナウイルスに感染していることが判明したことを受け、患者さんやご家族の皆さまをはじめ、多くの皆さまにおかれましては多大なご心配ご不便をおかけしましたこと心よりお詫び申し上げます。

濃厚接触者で自宅待機しておりました病院職員の経過観察期間が終了し、健康状態に問題がないことが確認できましたので、以下のとおりの体制で診療を再開させていただきます。

 

【当院の診療体制について】

1/19(火)から当該病棟での新規の入院患者さんの受け入れを再開し、全ての病棟で感染対策を徹底した上で通常どおり入院診療を行います。

・外来診療は、感染対策を徹底した上で通常どおり行っています。

・救急診療は、感染対策を徹底した上で通常どおり行っています。

・予定されている手術・検査は、感染対策を徹底した上で通常どおり行っています。

 

今後とも、職員一同さらに徹底した新型コロナウイルスの感染防止対策に取り組み、皆さまに安心して医療を提供できるよう努めてまいりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

令和3年1月18日

熊本赤十字病院長 平田 稔彦