当院について

赤十字の誕生

日本赤十字社のおこり


佐野常民(1822~1902)

明治10年の西南の役では、新しい武器による攻防が激しく、多くの傷病者が戦野に倒れました。この時、元老院議官佐野常民、大給恒の2人は同士とともに、ヨーロッパで行われている赤十字と同様の救護団体をつくろうと思い立ちました。特に佐野はヨーロッパで赤十字の組織と活動を見聞し、日本でもこのような救護団体による戦傷病者救護が必要であるとの、固い信念を抱いていたのです。

明治10年3月、趣旨に賛同する発起人によって博愛社の規則を定め、政府に対し「博愛社」設立を請願しましたが、「敵味方の差別なく救護する」という考え方が理解されず、この願いは認められませんでした。そこで博愛社の設立を急ぐ佐野は、征討総督有栖川宮熾仁親王に直接、趣意書を差し出すことを決意し、熊本城内にあった総督本営(旧ジェーンズ邸)に願い出ました。征討総督の宮は、英断をもってこの博愛社の活動を許可されました。ときに明治10年5月1日のことでした。

西南の役が終わると、博愛社の存廃が問題となりましたが、迅速機敏な活動を行うには、常に用意が必要であるという圧倒的意見から、新たに社則を定め、博愛社を確固たる恒久永劫の救護団体としました。

その後、明治19年、日本政府はジュネーブ条約に加盟、翌20年には博愛社も社名を日本赤十字社に改称するとともに、赤十字国際委員会の承認を得て、正式に国際赤十字の一員に加わりました。

西南の役救護の図

「博愛社」設定認可の場となった
洋学校教師館(ジェーンズ邸)

明治初期のコロニアル風洋館でもあり、重要な文化財として水前寺公園横に移築保存され、当時を偲ばせています。

赤十字のおこり

アンリー・デュナン
(1828~1910)

1859年6月、スイスの青年がイタリア統一戦争の激戦地ソルフェリーノにほど近いカスティリオーネという町にさしかかりました。そこで、戦争による悲惨な光景を目のあたりにした青年は傷病兵の救護に献身しました。

「傷ついた兵士は、もはや兵士ではない、人間である・・・」との信念に、青年は燃えたのです。

スイスに帰国した青年は、この戦争犠牲者の惨状を『ソルフィーノの思い出』という本に著し、国際的な救護団体の創設を訴えました。この青年こそ、赤十字の創始者アンリー・デュナンその人です。

デュナンの訴えは、ヨーロッパ各国に大きな反響を呼び、やがてスイスのジュネーブに赤十字国際委員会の前身である5人委員会が発足し、1863年にはヨーロッパ16カ国が参加して最初の国際会議が開かれ、赤十字規約ができました。

翌年には、スイス他15カ国の外交会議で最初のジュネーブ条約(いわゆる赤十字条約)が調印され、ここに国際赤十字組織が正式に誕生したのです。

東郷青児作
「ソルフェリーノの啓示」