当院について

基本理念・基本方針

先人から受け継いだ「人道・博愛・奉仕」の精神。
あらゆる活動の原点となっています。

昭和19年の開設以来、時代のニーズに応じた医療を積極的に展開してきた熊本赤十字病院。
常に「人道・博愛・奉仕」の精神を様々な活動の基盤としてきました。 これからも、この普遍の理念を原点に活動を続けていきます。

基本理念

人道・博愛・奉仕の実践

私たちは、赤十字精神のもと、医療や救援を通じて人と社会に寄り添います。

基本方針

特色・取り組み

  1. 救急医療
    救急医療を私たちの原点としてとらえ、全ての人に手を差し伸べます。
  2. 高度医療
    診療の専門性を高め、時代に即した安全で質の高い医療を提供します。
  3. 人材育成
    教育・研修を推進し、人間性豊かで将来を担う医療人を育成します。
  4. 地域連携
    地域全体で協力し、誰もが安心して暮らせる社会づくりに貢献します。
  5. 医療救援
    地球的視野で災禍を見つめ、積極的に医療救援活動に取り組みます。
  6. 魅力創出
    働きがいのある職場づくりを通して、ぬくもりのある病院を目指します。

臨床倫理指針

  1. 患者さんの人格、思想、信仰を尊重する公平公正で確実な診療を行います。
    1.患者さんの倫理観、価値観、死生観、生活観を尊重します
    2.患者さんの個人の人権の保護に努めます
    3.生命倫理に関する法令、診療ガイドラインを遵守します
  2. 患者さんの診療については、十分な説明と同意に基づいて行い、患者さんの意思を尊重します。
    1.患者さんとの信頼関係構築に努めます
    2.インフォームド・コンセントを徹底します
    3.患者さんの知る権利、自己決定権を尊重します
    4.患者さんの治療計画を立てる過程に参加する権利を尊重します
    5.セカンドオピニオンを求める権利を尊重します
  3. 患者さんの個人情報を保護し、守秘義務を遵守します。
  4. 医療に関わるあらゆる安全管理に努め、安全で最良の医療を提供します。
  5. 生命の尊厳に関する倫理的な問題を含むと考えられる医療行為については、必要に応じて院内の各種委員会(倫理委員会、移植臓器提供委員会など)において十分審議し、最良の治療方針を決定します。
  6. 医学及び医療の進歩に必要な研究については、患者さんの権利を尊重するため、人を対象とする医学系研究に関する倫理指針等を遵守し、倫理委員会又は臨床治験審査委員会において十分審議し、その結果に基づき研究を実施します。
  7. 赤十字職員としての自覚を持ち、相手の立場を理解・尊重した良好な協力関係のもとに医療を行います。
  8. 当指針は、定期的に見直しを行い、医療や患者さん、ご家族に関する社会的状況を考慮した良好な医療が提供されるよう努めます。

医療行為に関する説明と同意の指針

  1. 当院では、全ての医療行為を行うにあたり、患者さんに対して事前に説明します。
    ただし、緊急を要する際は事後説明となる場合がありますが、その際は、説明前に医療行為を行った理由や処置の必要性なども併せて十分に説明します。

    <緊急を要する例>
    1.心肺停止状態
    2.ショック状態
    3.意識障害を伴う状態
    4.緊急帝王切開 など
  2. 主治医は、手術、麻酔、輸血、および侵襲性があると判断される検査・治療などに関しては資料を用いて分かりやすく説明します。
    ただし、血液検査、尿検査、単純レントゲン検査、超音波検査など、侵襲性が少ないと判断される検査・治療などに関しては口頭で説明します。
  3. 主治医は、以下の項目について患者さんへ情報提示・説明を行ったうえで、内容の理解を確認し、同意を得ます。
    <説明内容>
    1.患者さんの病名、病態
    2.医療行為の目的、必要性、方法
    3.医療行為によって予測される効果
    4.医療行為に伴う危険性と偶発症発生時の対応
    5.代替可能な医療行為の有無とその内容
    6.何も治療を行わなかった場合に予想される経過 など
  4. 主治医が患者さんへ説明する際、可能な限り担当看護師などが立会います。
    また、患者さんも可能な限りご家族の立会いをお願いします。
  5. 患者さんが未成年の場合、または意思決定が困難であると判断される場合は、ご家族等代諾者の同意が必要です。
    ただし、代諾者がいない場合は、別に定める「熊本赤十字病院 インフォームド・コンセントの基準および実施手順」に従い対応します。
  6. 主治医、患者さん(またはご家族等代諾者)は同意書に署名を行い、当院と患者さん双方で確認できるように保管します。
  7. 患者さんは、同意書を提出した後に意思が変わった場合、同意を取り消すことができます。
    取り消したことで、患者さんが今後の診療を受けるにあたり何ら不利益になることはありません。
  8. 患者さんは、他の医師の意見(セカンドオピニオン)を求めることができます。
  9. 当指針は、定期的に見直しを行い、患者さんの知る権利と決定権が保障されるよう努めます。

患者さんの権利と責務について

    <患者さんの権利>
  1. 患者さんは、安全で良質な医療を公平公正に受ける権利があります。
  2. 患者さんは、常にその人格を尊重される権利があります。
  3. 患者さんは、診療に関して十分な説明と情報の提供を受け、理解できるまで質問する権利があります。
  4. 患者さんは、自分の治療計画を立てる過程に参加し、自分の意思を表明し、自ら決定する権利があります。
  5. 患者さんは、自分の病気の診断や治療について、他の医師の意見(セカンドオピニオン)を求める権利があります。
  6. 患者さんは、個人情報やプライバシーを保護される権利があります。

  7. <患者さんの責務>
  8. 患者さんは、診療に必要な自分自身の健康状態に関する情報を、できるだけ正確に医療提供者に伝え、治療に協力する責務があります。
  9. 患者さんは、すべての患者さんが適切な医療を受けられるようにするため、病院の規則を守り、医療の提供の妨げになる暴力行為や迷惑行為を行わない責務があります。
  10. 患者さんは、適切な医療を維持するため、提供を受けた医療に対する診療費を支払う責務があります。