当院について

病院の沿革

「田原坂」から生まれた"博愛社"。
ここ熊本の地で日本赤十字社は誕生しました。

明治10年(1877年)、田原坂の戦いで知られる日本最後の内戦「西南の役」の戦火の中で、人道・博愛の熱いこころざしを掲げた博愛社(日本赤十字社の前身)は、産声をあげました。
これがまさに熊本が赤十字社発祥の地といわれる所以です。

沿革
昭和 19年 4月 熊本市四軒町18番地に日本赤十字社熊本県支部診療所として開設(37床)
  20年 7月 戦災にて焼失。診療所を熊本県支部に移設
  24年 9月 焼失跡地への新築工事着工
  25年 2月 建築工事竣工。熊本赤十字病院開設(53床)
  25年 10月 生活保護法における医療機関の指定
  26年 10月 結核予防法における医療機関の指定
  26年 12月 優生保護法における医療機関『指定医』の指定
  27年 1月 第3病棟(結核病棟23床)増築工事着工
  27年 5月 第3病棟増築工事竣工(80床)
  27年 8月 完全給食、完全看護の許可
  29年 5月 一部老朽化に伴い第2病棟4床減床(76床)
  29年 5月 看護婦宿舎新築
  29年 10月 第1病棟(39床)・調理室増築工事着工
  30年 3月 第1病棟・調理室増築工事竣工(115床)
  31年 4月 本館に3床を増床し、第1病棟4床と第2病棟10床を減床(104床)
  31年 8月 記念病棟(36床)増築工事着工
  31年 11月 記念病棟増築工事竣工(140床)
  33年 4月 赤十字看護婦の養成を福岡赤十字病院高等看護学院に委託
  33年 9月 記念病棟を結核病棟に変更。
  35年 10月 原子爆弾被爆者医療一般疾病医療機関の指定
  40年 4月 町名変更により、水道町7-5番地となる
  40年 12月 救急告示病院として救急医療を開始
  41年 1月 救急告示病院の指定
  48年 4月 熊本県知事より開設許可(長嶺町:300床)
  49年 4月 熊本市長嶺町への移転新築工事着工
  50年 3月 移転新築工事竣工
  50年 5月 長嶺町2255番209へ移転。結核病棟を廃止し186床で開院。
  50年 5月 救急医療センター開設
  50年 8月 300床稼動。
  51年 5月 救急医療センターに切断四肢(指)再接着センター併設
  51年 11月 日本赤十字社名誉副総裁常陸宮妃殿下病院ご視察
  52年 9月 北病棟(病院別館)新築工事着工
  53年 6月 北病棟(病院別館)新築工事竣工
  53年 6月 日本赤十字社名誉副総裁常陸宮妃殿下落成式ご臨席
  53年 7月 北病棟(病院別館)150床増床(450床)
  54年 8月 救命救急センター増築工事着工
  55年 1月 総合病院の認可
  55年 3月 救命救急センター増築工事竣工
  58年 9月 第一回救急医療功労者厚生大臣表彰
  58年 10月 医事業務にコンピュータシステム導入
  60年 8月 会計・用度業務にコンピュータシステム導入
  62年 2月 中央診療部門増改築工事着工
  62年 11月 中央診療部門増改築工事竣工
  63年 12月 腎センターを設置し、当院初の腎移植実施
平成 元年 5月 日本赤十字社名誉副総裁高円宮妃殿下病院ご視察
平成 元年 9月 栄養管理業務にコンピュータシステム導入
  2年 9月 内科外来にコンピュータシステム導入
  2年 9月 熊本県角膜・腎臓バンク協会事務局、県より移管
  3年 4月 小児病棟に訪問学級を開設
  4年 3月 熊本県救急自動車医師看護師同乗及びホットラインシステム事業運用開始
  4年 3月 熊本県医療審議会において30床の増床申請承認
  4年 10月 28床を増床(478床)
  5年 10月 熊本県腎移植推進情報センター設置
  6年 3月 国民生活センター「危害情報システム」稼動
  7年 1月 阪神淡路大震災に対する医療救護を展開(1月18日~2月27日)
  8年 4月 臨床研修病院の指定
  8年 5月 熊本赤十字病院全面移転新築工事着工
  8年 8月 全診療科の再診予約診療制を開始
  8年 10月 にっせき総合情報誌『Dr.CROSS』創刊
  8年 10月 日本赤十字社九州ブロック研修センター『アソシエート』建設工事着工
  8年 12月 災害拠点病院(基幹災害医療センター)の指定
  9年 2月 町名変更により、長嶺南二丁目1番1号となる
  9年 8月 日本赤十字社九州ブロック研修センター『アソシエート』建設工事竣工
  10年 3月 熊本赤十字病院全面移転新築工事第一期竣工(本館)
  10年 5月 一期工事竣工に伴い開院式
  10年 5月 熱傷病床(BICU)2床増床(480床)
  10年 5月 オーダリングシステム導入
  10年 5月 熊本赤十字病院全面移転新築工事第二期着工(管理棟)
  11年 2月 熊本赤十字病院全面移転新築工事第二期竣工(管理棟)
  11年 3月 日本赤十字社名誉副総裁秋篠宮妃殿下病院ご視察・日赤熊本グランドオープン
記念式典ご臨席
  11年 5月 慢性疾患児家族宿泊施設『アンリーハウス』新築工事着工
  11年 10月 慢性疾患児家族宿泊施設『アンリーハウス』新築工事竣工
  12年 4月 日赤熊本在宅サービスステーション開設
  12年 6月 特殊医療救護車両『ディザスター レスキュー』配備
  12年 7月 特殊医療救護車両『ディザスター レスキュー』及び救護班を九州沖縄サミット
救護のため沖縄県に派遣
  12年 11月 国際医療救援部を設置
  12年 11月 日本赤十字社名誉副総裁三笠宮寛仁親王妃殿下病院ご視察
  13年 5月 特定集中治療室(4床)を整備
  13年 11月 化学災害用除染設備を整備
  13年 12月 ホームページ開設
  13年 12月 総合グラウンド整備工事着工
  14年 8月 総合グラウンド整備工事竣工
  14年 9月 第二ヘリポート竣工
  15年 2月 遠隔画像診断支援システム運用開始
  15年 3月 総合医療情報システム(オーダリング・医事システム・画像ファイリングシステム・各部門システム)運用開始
  15年 5月 (財)日本医療機能評価機構『一般病院種別B』の認定取得
  15年 5月 アソシエート救護倉庫建築工事着工
  15年 6月 外来部門診療順番表示システム運用開始
  15年 7月 電子レセプト導入
  15年 9月 スレイマニア教育病院(イラク・クルド人自治区)との医療技術支援事業に関する合意議定書調印式
  15年 10月 アソシエート救護倉庫建築工事竣工
  16年 2月 熊本県小児救急医療拠点病院の指定
  16年 2月 日本赤十字社「重症急性呼吸器症候群(SARS)拠点病院」の指定
  16年 4月 ERU資機材を整備
  16年 6月 院内画像フィルムレス運用開始
  16年 7月 紹介患者外来診療予約システム運用開始
  16年 10月 院内全館禁煙の施行
  16年 10月 新潟県中越地震に対する医療救護を展開(10月25日~11月26日)
  18年 4月 医療連携室を開設
  18年 4月 総合血管センター(バスキュラーラボ)の開設
  18年 6月 医療安全推進室を設置
  18年 7月 DPC(診断群分類別包括評価制度)を導入
  18年 10月 セカンドオピニオン外来開始
  18年 12月 ブラキセラピー(前立腺がんに対する小線源療法)稼動
  19年 4月 熊本県地域周産期母子医療センターの認定
  19年 4月 教育研修推進室の設置
  19年 12月 全館指静脈生体認証方式の運用開始
  20年 2月 地域がん診療連携拠点病院の指定
  20年 7月 特殊医療救護車両『ディザスター レスキュー』及び救護班を洞爺湖サミット救護のため北海道に派遣
  21年 3月 電子カルテシステム、生理検査部門システム運用開始
  21年 3月 太陽光発電システム設置
  21年 7月 がん診療連携外来を開設
  21年 9月 総合鏡視下手術センターを開設
  21年 11月 紹介患者連携システム運用開始
  22年 10月 こども医療センター・総合救命救急センター増改築工事着工
  22年 11月 地域医療支援病院の指定
  23年 3月 東日本大震災に対する医療救護を宮城県石巻市を中心に展開(3月11日~5月31日)
  23年 4月 院内情報表示システム(外来部門)を導入
  23年 6月 立体駐車場及び第二ヘリポート整備工事着工
  23年 12月 立体駐車場及び第二ヘリポート整備工事竣工
  24年 1月 NPO法人卒後臨床研修評価機構による臨床研修評価認定取得
  24年 1月 熊本県ドクターヘリ基地病院として運航開始
  24年 4月 熊本市の区制施行により東区長嶺南二丁目1番1号となる
  24年 5月 こども医療センター・総合救命救急センター増改築工事竣工
  24年 5月 小児特例病床10床増床(490床)
  24年 7月 安全功労者総務大臣表彰
  24年 9月 こども医療センター全面オープン記念セレモニー
赤十字広報特使 藤原紀香さんオープニングセレモニー参加
  25年 3月 熊本市救急ワークステーション調印式
  25年 4月 へき地医療支援センターを開設
  25年 4月 小児救命救急センターの指定
  25年 4月 熊本市救急ワークステーション運用開始
  25年 6月 精神腫瘍科を開設
  25年 6月 熊本県と災害医療コーディネーターの協定締結
  25年 8月 CT(320列)稼動開始
  25年 4月 小児救命救急センターの指定
  25年 9月 病理診断科を開設
  26年 2月 病院機能評価 3rdG Ver.1.0(機能種別:一般病院2)及び付加機能評価(救急医療機能 Ver.2.0)受審 (H26.5.2認定)
  26年 10月 第50回日本赤十字社医学会総会 熊本開催
  26年 11月 救急集中治療病棟(ECU)1床減床(9→8床)
  26年 12月 地域医療連携ネットワーク・くまもとクロスネット立上げ
  27年 1月 空調熱源機(空冷チラー)更新
コージェネレーションシステム機器更新
  27年 3月 電子カルテシステム更新
MRI(3テスラ)稼働開始
  27年 4月 外傷外科部を設置
  27年 4月 こども病棟2床減床(こども2階病棟30→29床、こども3階病棟20→19床)
  27年 4月 小児集中治療病棟(PICU)2床増床(6→8床)
  27年 4月 「妊娠と薬外来」設置
  27年 5月 地域医療連携ネットワーク・くまもとクロスネットシステム運用開始
  28年 1月 NPO法人卒後臨床研修評価機構による臨床研修評価認定更新
  28年 2月 集中治療病棟、救急集中治療病棟(ICU16床)の統合
  28年 3月 職員病児・病後児保育室「ひだまり」開設
  28年 4月 熊本地震に対する医療救護を院内、南阿蘇村、西原村、益城町を中心に展開(4月14日~6月1日)
  28年 4月 リウマチ・膠原病内科部を設置
  28年 7月 日本赤十字社九州ブロック研修センター「アソシエート」 閉館
  29年 2月 院内保育所「オリーブ」竣工(平成29年4月1日開園)
  29年 3月 地震被害にかかる建物等復旧工事 完了
  29年 4月 感染管理室を設置
  29年 4月 四肢外傷再建外科部を設置
  29年 7月 公式Facebook ページを開設
  30年 3月 日本水大賞 厚生労働大臣賞受賞
  30年 7月 平成30年7月豪雨災害に対する救護活動を広島県・岡山県で展開
(7月10日〜8月11日)
  30年 10月 患者サポートセンターを開設
  30年 12月 脳卒中センターを開設
  30年 12月 熊本赤十字病院初の症例となる臓器提供を施行
  30年 12月 手術支援ロボット「ダヴィンチ」を導入
  30年 12月 日赤キャンパス敷地内全面禁煙施行
  31年 2月 病院機能評価 3rdG Ver.2.0(機能種別:一般病院2)及び
付加機能評価(救急医療機能 Ver.2.0)受審
  31年 3月 トータル・クオリティ・マネジメント(TQM)推進室を設置