新着情報

新着情報

パキスタン紛争犠牲者救援に医師を派遣

2019.01.11 | 病院からのお知らせ

 パキスタンでは、2001年のアメリカ同時多発テロ以降、アフガニスタンとの国境付近において

武力紛争やテロ事件が頻発し、多くの一般市民が犠牲となっています。

 この状況に対し、赤十字国際委員会(ICRC)は医療支援や国際人道法の普及、紛争による離散家族の

再会など多岐にわたる支援を行っています。

 1月11日、熊本赤十字病院では、これら一般市民らの救援のため、第二麻酔科副部長の大塚尚実医師を

派遣しました。

 南スーダンでの紛争犠牲者救援など、これまでに4回の国際医療救援を経験している大塚医師、

今回はペシャワールの戦傷外科病院で約3ヶ月間麻酔科医として医療支援活動を行います。

 多くの職員が見送る出発式で、大塚医師は「南スーダンでの救援活動とはまた少し違った活動に

なりそうだが、地域や病院全体を見まわし少しでも役立つ支援ができればいいと思う」

とあいさつしました。

IMG_1871  1

IMG_1877  IMG_65

ご利用案内

外来受付時間(月〜金)8:30〜11:30 ※再来受付機は8:00〜 ※土・日・祝は休診日

  • 救急受診について

面会時間 (月〜金)14:00〜20:00 (土・日・祝)10:00〜20:00

  • 外来受診のご案内
  • 入院のご案内
  • 診療科・部門案内
  • フロアマップ
  • 交通アクセス
  • 医療・福祉相談
  • よくあるご質問