新着情報

新着情報

交通・宿泊サービスを用いた避難支援・救援技術の特許を取得

2019.10.07 | 病院からのお知らせ

当院国際医療救援部の職員が、災害時の避難支援・救援技術を発明し、特許を取得しました。

【特許番号】 第6544848号

【発明の名称】「避難支援装置及び避難支援システム」

【登録日】  2019年6月28日

【発明者】  宮田昭(副院長兼国際医療救援部長)、曽篠恭裕(救援課長)

IMG_6838

当院は、スマトラ島沖地震・津波救援、東日本大震災救援等、国内外の災害対応を通じて、

被災地における救援要員の移動、宿泊手段の改善に取り組んできました。

2013年のフィリピンにおける台風30号(Haiyan)災害においては、

熊本から救援要員及び野外病院資機材を被災地に派遣、展開しました。

この救援活動を踏まえ、翌年の2014年8月に、台風等の災害が予想される際、

避難者や救援要員の移動、宿泊手段を迅速に確保するための避難支援技術を発明し、本年6月に特許を取得しました。

この技術は、大型台風の接近等、災害の発生が予想される地域で、風雨が強くなる前から、

事前に登録された住民の方々が、利用可能な交通手段やホテル等の宿泊施設を検索・予約できるものです。

また、経費については、公的な経費や事前に契約した保険で充当することを想定しています。

さらには、救援要員の被災地での交通・宿泊先の確保や、ペットや古文書、美術品等の避難にも応用が可能です。

本サービスは、複数の交通手段を一つのアプリで検索・予約・決済するMaaSの考えや、

多様なサービスを共同で有効利用するシェアリングエコノミーの考え方を災害支援に用いるという点で新しい発明です。

今後も、熊本赤十字病院は、本サービスの実用化に向けて民間企業と連携して取り組み、

技術の普及を通じて災害に強い社会の構築に努めてまいります。

ご利用案内

外来受付時間(月〜金)8:30〜11:30 ※再来受付機は8:00〜 ※土・日・祝は休診日

  • 救急受診について

面会時間 (月〜金)14:00〜20:00 (土・日・祝)10:00〜20:00

  • 外来受診のご案内
  • 入院のご案内
  • 診療科・部門案内
  • フロアマップ
  • 交通アクセス
  • 医療・福祉相談
  • よくあるご質問