新着情報

新着情報

西日本で初めての 1.5T MRI装置 を導入しました!

2020.05.27 | 病院からのお知らせ

当院は、西日本で初となる最新鋭の 1.5T MRI装置「MAGNETOM Sola」(ドイツ・シーメンス社製)を導入しました。この装置には、AIを用いて開発した自動撮像機能や新しい生態情報認識機能などが搭載されています。

田中さんsiemens_MRI

【 装置の特徴 】

◆当該装置では、より快適に検査を受けていただくため、トンネル(ガントリ)の長さが157cmと従来の装置より短く、開口径も10cm広い70cmに設計されています。

・開放的な環境でより楽な体位で安心して検査を受けていただくことができます。

◆MRIの高性能化によって、MRIを使用した全身のがん検査が可能となります。

・PET-CTと違い、被ばく・注射・食事制限などがないことから検査時の負担が軽減されます。

心臓の検査も可能になります。

・被ばくや造影剤を使用することなく検査できることから、身体への負担が軽減されます。また、心機能・心筋など総合的に心臓を評価することも可能です。

小児高齢者への対応がより正確に行えるようになります。

・心臓や上腹部の検査では、息を止める必要がありましたが、この装置では息を止めることなく、良好な心臓や肝臓などの検査が可能となりました。

◆下肢の非造影検査肝機能検査が可能になります。

・造影剤を使用することなく、短時間で負担の少ない検査が可能となりました。

※2020年5月28日現在、まだ受付は行っておりませんが、今後MRエラストグラフィー(肝臓の精密検査)が可能となります。これにより脂肪肝、非アルコール性脂肪肝、肝硬変など、早期治療の一助となることが期待されます。

SiemensMagnetomSola15TMRIScanner 

 

 

ご利用案内

外来受付時間(月〜金)8:30〜11:30 ※再来受付機は8:00〜 ※土・日・祝は休診日

  • 救急受診について

面会時間 (月〜金)14:00〜20:00 (土・日・祝)10:00〜20:00

  • 外来受診のご案内
  • 入院のご案内
  • 診療科・部門案内
  • フロアマップ
  • 交通アクセス
  • 医療・福祉相談
  • よくあるご質問