診療科・部門案内

循環器内科

治療実績

年間約240例の急性心筋梗塞の患者さんには、ドクターヘリも含めた救急搬送にてDoor-to-Balloon(当院到着から風船治療による血流再開)だけでなく総虚血時間を短縮し救命率の向上に努めています。
狭心症に対しては冠動脈造影検査(年間約580例)を施行し、さらに心臓核医学検査(年間約150例)やFFR(冠血流予備比、年間約70件)測定によりPCI(年間約590例)の適応を決定しています。
徐脈性不整脈の患者さんには永久ペースメーカー植込みを行っておりますが、頻脈性不整脈の患者さんに対する心臓電気生理学的検査やカテーテルによる根治術(高周波アブレーション、冷凍凝固アブレーション)や、生命に危険を及ぼす重症不整脈に対してはICD(皮下植込み型ICDも含む)の植込みも行っています。
心筋症などの心不全の症例に対してはβブロッカー療法を行い良好な結果を得ていますが、適応のある患者さんには両室ペーシングや両室ペーシング機能付ICDの植込みも行っています。

症例数

2019年の入院患者総数は1,714名で、平均在院日数は約7日間です。
各疾患の内訳や検査件数などはグラフや表のとおりです。

2019年
入院患者疾患別内訳(1,714名)

入院患者疾患別内訳

検査治療実績(2019年)

項目 件数
心臓カテーテル検査数 577
PCI(内緊急) 593(269)
心臓電気生理学的検査 6
カテーテルアブレーション 179
EVT 103
心臓CT 586
心筋シンチ 156
IVUS(OCT) 476(86)
F(i)FR 72
永久PM植込み 新規80 , 交換(16)
ICD植込み 18, (6)
S-ICD植込み 3(2)
CRT-D植込み 14(3)
CRT-P植込み 6(1)
ILR植込み 8
ご利用案内

外来受付時間(月〜金)8:30〜11:30 ※再来受付機は8:00〜 ※土・日・祝は休診日

  • 救急受診について
  • 面会について
  • 外来受診のご案内
  • 入院のご案内
  • 診療科・部門案内
  • フロアマップ
  • 交通アクセス
  • 医療・福祉相談
  • よくあるご質問