診療科・部門案内

小児科

2019年 入院患者数(2,628人)

呼吸器感染 901 腎・尿路系疾患 96
痙攣・その他症状 237 内分泌・代謝疾患 88
消化器感染 197 神経疾患 50
血液・悪性疾患 180 皮膚疾患 48
気管支喘息 157 循環器疾患 32
その他消化器疾患 118 先天性疾患 32
外傷・アレルギー・中毒 114 その他の呼吸器疾患 22
新生児疾患 112 筋・関節 12
川崎病 112 精神 8
その他消化器疾患 109 眼・耳疾患 3
2019年 PICU入室患者数(総額349件)

PICU入室患者数

※診療科問わず

2019年 来院方法別 救急外来小児科受診者総数

来院方法 Walk-in 19,750件
ドクターカー 32件
ドクターヘリヘリ(他院搬) 1件
ドクターヘリ(当院搬) 16件
救急車 845件
病院車 11件
防災ヘリ 11件
総数 20,666件
即日入院数 PICU 168件
一般病棟 1,729件
総数 1,897件

川崎病患者数

2015 90
2016 90
2017 132
2018 126
2019 111

消化器領域の検査・治療件数

  2018年 2019年
上部消化管内視鏡 10 23
大腸内視鏡 16 22
カプセル内視鏡 5 6
上部消化管造影 12 16
内視鏡的ポリープ切除術 8 6
経皮的肝生検 1 0

2012年1月~の出版物・論文

出版物

タイトル 掲載誌 著者
たかが便秘, されど便秘-小児の便秘を科学する〜1. そもそも便秘って何?(総論) 原因はまったく様々: 小児科診療. 2020;83:721-726. 高木 祐吾, 柳 忠宏, 水落 建輝, 牛島 高介.
小児の敗血症性ショックでガイドラインは今も有効か 4.ステロイド補充について:proの立場から 小児救命救急・ICU ピックアップ1「ショック」p103-106(2017). 平井 克樹
急性脳症④ pro₋con:体温管理療法 con:文献的根拠に乏しく、合併症のリスクも否定できない 小児救命救急・ICU ピックアップ3「神経集中治療」p191-195(2019). 平井 克樹
小児呼吸器疾患におけるBAL 気管支肺胞洗浄(BAL)の手引き 改訂第3版 日本呼吸器学会
p20-21(2017)
武藤 雄一郎, 溝部 孝則
【小児の敗血症性ショックにCRRTは有効か?】
小児の敗血症性ショックに、non-renal indicationとしてのCRRTの意義はあるか
中川 聡 編.小児ICU-その常識は正しいか?-
救急集中治療.東京:総合医学社,2015:259-264. 伴 英樹, 平井 克樹
【ICUにおける乳幼児の呼吸管理】
人工呼吸器からのWeaning
ICUとCCU  41巻3号 P193-197 (2017.03) 三浦 義文, 平井 克樹
【小児科医の知っておくべき災害医療概論】
災害時の医療体制 熊本地震への対応(災害拠点病院として)
東京小児科医会報 35巻2号 P12-15 (2016.11) 平井 克樹
【徹底ガイド 小児の呼吸管理Q&A[第3版]】脳低温療法時の呼吸管理 P272-277(2016.10) 平井 克樹
【小児の呼吸管理 -その常識は正しいか-】小児のARDSにステロイドは有効なのか? 救急・集中治療 vol.28 No.9・10  P691-697 (2016.9) 武藤 雄一郎
【小児疾患診療のための病態生理2 改訂第5版】
中毒 有機溶剤中毒
小児内科 47巻増刊 P964-968 (2015.11) 田邉 のぞみ, 平井 克樹
【神経・先天性疾患の病態理解と看護の視点】 基礎知識編 急性脳炎・脳症 こどもケア 9巻4号 P16-19 (2014.10) 福岡 かほる, 平井 克樹
【PCAS】
(Part 3)心拍再開後の治療 小児の低体温療法 エビデンスがないなかで,どのように適応を考えるべきか
Intensivist  6巻4号 P719-726 (2014.10) 平井 克樹
【徹底ガイド 小児の呼吸管理Q&A[第2版]】脳低温療法時の呼吸管理 P252-256(2013.2) 平井 克樹
【予後から学ぶ救急対応-ERと専門科のコラボレーション】
小児の気管支喘息と熱性けいれん 長期的予後と管理について
ERマガジン 9巻4号 P506-512(2012.12) 窪田 祥吾, 平井 克樹
【クローズアップ 神経・筋】
<治療の進歩> 神経疾患における脳低温療法 適応と治療の実際
小児内科 44巻9号 P1457-1460(2012.09) 平井 克樹
【PICU】
小児の神経系 意識障害へのアプローチ 体系的なアプローチで重症の中枢神経疾患を鑑別
Intensivist 4巻3号 P537-549(2012.07) 武藤 雄一郎, 平井 克樹

論文(和文)

  1. 5年の経過で再発したGQ1b抗体陽性Fisher症候群:
    岡田 健太郎, 武藤 雄一郎, 和田 邦泰, 平井 克樹, 右田 昌宏.
    日本小児科学会雑誌 2020;124:1246-1250.
  2. 小児急性骨髄性白血病に対する遠心分離法を用いた白血球除去療法:
    伴 英樹, 藤戸 祥太, 永芳 真理子, 横山 智美, 余湖 直紀, 平井 克樹, 右田 昌宏, 鳥越 和就, 江口 めぐみ, 花房 規男, 三浦 健一郎, 服部 元史.
    日本小児科学会雑誌. 2020;124:852-857.
  3. 小児腎移植後サイトメガロウイルス日和見感染の臨床的特徴と移植腎機能に及ぼす影響:
    伴 英樹, 三浦 健一郎, 石塚 喜世伸, 飯田 貴也, 谷口 洋平, 長澤 武, 白井 陽子, 金子 直人, 薮内 智朗, 髙木 陽子, 服部 元史.
    日本小児科学会雑誌 123巻4号 727-733(2019)
  4. 急性散在性脳脊髄炎との鑑別に苦慮した中枢神経原発悪性リンパ腫:
    田邊 のぞみ, 武藤 雄一郎, 宮下 雄輔, 柳邉 秀一, 西原 卓宏, 小松 なぎさ, 平井 克樹, 右田 昌宏.
    日本小児科学会雑誌 122巻11号 1708-1715(2018.11)
  5. 二相性脳症における早期治療介入基準についての比較検討及びその活用:
    市坂 有基, 小原 隆史, 平井 克樹, 三浦 義文, 大平 智子, 武藤 雄一郎, 右田 昌宏.
    日本小児救急医学会雑誌17巻3号 396-400(2018.10)
  6. 保育士が自動体外式除細動器で救命できたカテコラミン誘発多形性心室頻拍:
    田邊 のぞみ, 西原 卓宏, 小原 隆史, 山下 貴大, 三浦 義文, 武藤 雄一郎, 小松 なぎさ, 平井 克樹, 右田 昌宏, 八浪 浩一.
    日本小児科学会雑誌 121巻12号 1987-1994(2017.12)
  7. 急性バルプロ酸中毒に対して持続的血液濾過透析を施行した1歳女児例:
    伴 英樹, 武藤 雄一郎, 三浦 義文, 平井 克樹, 右田 昌宏, 古庄 弘和, 平田 憲史郎.
    日本急性血液浄化学会雑誌 8巻2号 158-161(2017)
  8. 先行的献腎移植に至った5歳男児の1例:
    伴 英樹, 永田 裕子, 古瀬 昭夫, 平井 克樹, 右田 昌宏, 西山 慶, 岡部 安博.
    日本臨床腎移植学会雑誌 5巻1号 51-53(2017)
  9. 区域肺洗浄とGM-CSF吸入で加療を行った自己免疫性肺胞蛋白症の4歳例:
    福岡 かほる, 武藤 雄一郎, 溝部 孝則, 宮竹 紘子, 大平 智子, 西原 卓宏, 平井 克樹, 小松 なぎさ, 右田 昌宏.
    日本小児科学会雑誌 121巻1号 P106-111(2017.01)
  10. 母体ZnT2遺伝子変異に基づく低亜鉛母乳による亜鉛欠乏性皮膚炎:
    小原 隆史, 小松 なぎさ, 逸村 直也, 神戸 大朋, 武藤 雄一郎, 西原 卓宏, 平井 克樹, 右田 昌宏.
    日本小児科学会雑誌 120巻11号 P1649-1656(2016.11)
  11. 血漿交換療法と免疫抑制療法により残腎機能を保持できたMPO-ANCA陽性を伴う抗糸球体基底膜抗体腎炎の10歳女児例:
    永田 裕子, 古瀬 昭夫, 宮竹 紘子, 福岡 かほる, 武藤 雄一郎, 平井 克樹, 右田 昌宏.
    日本小児腎臓病学会雑誌 29巻2号 Page166-171(2016.11)
  12. 地方における小児重症患者の発生率に関する調査報告:
    平井 克樹, 大平 智子, 武藤 雄一郎.
    日本集中治療医学会雑誌 23巻6号 P679-681(2016.11)
  13. シートベルト非装着やチャイルドシート不適正使用による小児頸髄損傷3例:
    大平 智子, 小原 隆史, 武藤 雄一郎, 平井 克樹, 西原 卓宏, 小松 なぎさ, 右田 昌宏.
    日本小児科学会雑誌 120巻1号 P61-65(2016.01)
  14. 腫瘍随伴性天疱瘡症状を伴わずに閉塞性細気管支炎を合併したキャッスルマン病の1例:
    入江慎二(1)、興梠健作(1)、永田裕子(1)、加納恭子(1)、平井克樹(1)、貞松智貴(2)、岡本真一郎(2)、右田昌宏(1).
    (1)熊本赤十字病院小児科(2)熊本大学医学部付属病院呼吸器内科 The Japanese journal of Pediatric Hematology/Oncology vol.53(5):464-468,(2016.01)
  15. ESBL(Extended-spectrum β-lactamase)産生菌とESBL非産生菌による上部尿路感染症の臨床的解析:
    永田 裕子, 古瀬 昭夫, 入江 慎二, 加納 恭子, 河崎 達弥, 澤田 貴彰, 福岡 かほる, 興梠 健作, 藏田 洋文, 高木 祐吾, 大平 智子, 武藤 雄一郎, 西原 卓宏, 平井 克樹, 小松 なぎさ, 右田 昌宏.
    日本小児腎臓病学会雑誌 28巻1号 P37-42(2015.04)
  16. 自宅就寝中に受傷した雷撃症により心肺停止となった小児の一救命例:
    武藤 雄一郎, 宮下 雄輔, 高木 祐吾, 蔵田 洋文, 永田 裕子, 大平 智子, 平井 克樹, 右田 昌宏.
    日本小児救急医学会雑誌 14巻1号 P78-81(2015.02)
  17. インヒビター陽性血友病B患者の人工股関節置換:
    右田 昌宏(熊本赤十字病院 小児科).
    Frontiers in Haemophilia (2188-8094)2巻1号 Page42-43(2015.01)
  18. 肝不全を合併し急激な経過を辿った家族性血球貪食症候群の1乳児例:
    大平 智子, 武藤 雄一郎, 林 勇佑, 蔵田 洋文, 平井 克樹, 右田 昌宏.
    日本集中治療医学会雑誌 21巻6号 P655-656(2014.11)

原著論文(英文)

  1. Efficacy and safety of intravenous thiamylal in pediatric procedural sedation for magnetic resonance imaging.
    Irie S, Hirai K, Kano K, Yanabe S, Migita M.
    Brain Dev. 2020 Apr 28. pii: S0387-7604(20)30123-6.
  2. KAICA trial Investigators. Efficacy of primary treatment with immunoglobulin plus ciclosporin for prevention of coronary artery abnormalities in patients with Kawasaki disease predicted to be at increased risk of non-response to intravenous immunoglobulin (KAICA): a randomised controlled, open-label, blinded-endpoints, phase 3 trial.
    Hamada H, Suzuki H, Onouchi Y, Ebata R, Terai M, Fuse S, Okajima Y, Kurotobi S, Hirai K, Soga T, Ishiguchi Y, Okuma Y, Takada N, Yanai M, Sato J, Nakayashiro M, Ayusawa M, Yamamoto E, Nomura Y, Hashimura Y, Ouchi K, Masuda H, Takatsuki S, Hirono K, Ariga T, Higaki T, Otsuki A, Terauchi M, Aoyagi R, Sato T, Fujii Y, Fujiwara T, Hanaoka H, Hata A;
    Lancet. 2019;393:1128-1137.
  3. Cardiopulmonary failure as a result of brainstem encephalitis caused by enterovirus D68.
    Yogo N, Imamura T, Muto Y, Hirai K.
    BMJ Case Rep. 2019;12:e231990.
  4. Recurrent RARB Translocations in Acute Promyelocytic Leukemia Lacking RARA Translocation.
     Osumi T, Tsujimoto SI, Tamura M, Uchiyama M, Nakabayashi K, Okamura K, Yoshida M, Tomizawa D, Watanabe A, Takahashi H, Hori T, Yamamoto S, Hamamoto K, Migita M, Ogata-Kawata H, Uchiyama T, Kizawa H, Ueno-Yokohata H, Shirai R, Seki M, Ohki K, Takita J, Inukai T, Ogawa S, Kitamura T, Matsumoto K, Hata K, Kiyokawa N, Goyama S, Kato M.
    Cancer Res. 2018;78:4452-4458.
  5. Hepatoblastoma with Multiple Tumors in a School-aged Child.
    Takaki Y, Yamashita T, Kataoka N, Yokoyama S, Anan T, Nakamura K, Yoshimoto K, Hayashida S, Yamamoto H, Hibi T, Migita M.
    Clin Cas Rep. 2020, in press.
  6. Clinical characteristics of Campylobacter enteritis after pediatric renal transplantation:A retrospective analysis from single center.
    Ban H, Miura K, Ishizuka K, Kaneko N, Taniguchi Y, Nagasawa T, Shirai Y, Yabuuchi T, Takagi Y, Goto A, Hattori M,
    Transpl Infect Dis. 2019 Apr;21(2):e13040.
  7. A phase III clinical trial of a mixture agent of plasma-derived factor VIIa and factor X (MC710) in haemophilia patients with inhibitors.:
    Shinkoda Y, Shirahata A, Fukutake K, Takamatsu J, Shima M, Hanabusa H, Mugishima H, Takedani H, Kawasugi K, Taki M, Matsushita T, Tawa A, Nogami K, Higasa S, Kosaka Y, Fujii T, Sakai M, Migita M, Uchiba M, Kawakami K, Sameshima K, Ohashi Y, Saito H.
    Haemophilia. 2017 Jan;23(1):59-66.
  8. X-linked agammaglobulinemia associated with B-precursor acute lymphoblastic leukemia.:
    Hoshino A, Okuno Y, Migita M, Ban H, Yang X, Kiyokawa N, Adachi Y, Kojima S, Ohara O, Kanegane H.
    J Clin Immunol. 2015 Feb;35(2):108-11.
  9. Meralgia Paresthetica as a Presentation of Acute Appendicitis in a Girl With Acute Lymphoblastic Leukemia.:
    Nishimura M, Kodama Y, Fukano R, Okamura J, Ogaki K, Sakaguchi Y, Migita M, Inagaki J.
    J Pediatr Hematol Oncol. 2015 Apr;37(3):182-3
  10. Biotin-responsive basal ganglia disease: a case diagnosed by whole exome sequencing.:
    Kohrogi K, Imagawa E, Muto Y, Hirai K, Migita M, Mitsubuchi H, Miyake N, Matsumoto N, Nakamura K, Endo F.
    J Hum Genet. 2015 Jul;60(7):381-5.
  11. A Phase II clinical trial of a mixture of plasma-derived factor VIIa and factor X (MC710) in haemophilia patients with inhibitors: haemostatic efficacy, safety and pharmacokinetics/pharmacodynamics.:
    Shirahata A, Fukutake K, Takamatsu J, Shima M, Hanabusa H, Mugishima H, Amano K, Takedani H, Tamashima S, Matsushita T, Tawa A, Tanaka I, Higasa S, Kosaka Y, Fujii T, Sakai M, Migita M, Kawakami K, Ohashi Y, Saito H.
  12. Study protocol for a phase Ⅲ multicentre, randomized, open-label, blinded-end point trial to evaluate the efficacy and safety of immune plus cyclosporine A in patients with severe Kawasaki disease (KAICA Trial) Reiko Aoyagi, Hiromichi Hamada, Yasunori Sato, Hiroyuki Suzuki, Yoshihiro Onouchi, Ryota Ebata, Kengo Nagashima, Moe Terauchi, Masaru Terai, Hideki Hanaoka, Akira Hata, on behalf of the KAICA trial investigators BMJ Open 2015; 5: e009562
ご利用案内

外来受付時間(月〜金)8:30〜11:30 ※再来受付機は8:00〜 ※土・日・祝は休診日

  • 救急受診について
  • 面会について
  • 外来受診のご案内
  • 入院のご案内
  • 診療科・部門案内
  • フロアマップ
  • 交通アクセス
  • 医療・福祉相談
  • よくあるご質問