診療科・部門案内

泌尿器科

症例数・治療実績

前立腺癌

前立腺癌に対する針生検はクリニカルパスを使用し、一泊二日の入院で施行しています。密封小線源療法は他院からの紹介も多く、3泊4日の入院で23例に施行しています。

腎・尿管悪性腫瘍

32例に手術を施行しており、開腹手術が19例、鏡視下手術が13例でした。最近では鏡視下手術が増えてきています。

腎移植ドナー腎摘出術

負担の少ない後腹膜鏡下に手術を行っており、29例に施行しています。開腹手術に移行した例はありませんでした。

膀胱癌

内視鏡を用いた経尿道的膀胱腫瘍切除術が99件、全摘手術は2件でした。再発の多い疾患ですので、早期であっても再発予防の抗癌剤膀胱内注入療法を積極的に取り入れています。

前立腺肥大症

最近では前立腺縮小薬などの薬物療法で改善する患者さんが多くなってきており、手術を施行することは少なくなってきています。

陰嚢内手術

精巣悪性腫瘍に対する摘出手術が5件でした。精巣捻転は1件、陰嚢水腫は1件でした。

ご利用案内

外来受付時間(月〜金)8:30〜11:30 ※再来受付機は8:00〜 ※土・日・祝は休診日

  • 救急受診について

面会時間 (月〜金)14:00〜20:00 (土・日・祝)10:00〜20:00

  • 外来受診のご案内
  • 入院のご案内
  • 診療科・部門案内
  • フロアマップ
  • 交通アクセス
  • 医療・福祉相談
  • よくあるご質問