診療科・部門案内

カプセル内視鏡検査システム

小腸内の病変については、従来の胃や大腸の内視鏡では届かないため検査を行うことが困難でしたが、日本では平成19年に原因不明の消化管出血(OGIB)に対しての保険診療下での検査実施が認められ、平成24年7月に小腸疾患に保険適用が拡大されました。
当院でも平成24年2月から内視鏡カプセルPillCam®SB2を導入し、小腸疾患に対する精密検査を実施しています。
そして平成28年12月にカプセル内視鏡システムを更新し、PillCam®SB3 を導入しました。システム更新に伴い、画質や診断効率が改善されました。消化管の腫瘍や潰瘍性病変、出血性病変に対して、カプセル内視鏡検査などで早期精密に発見し、病変を認めた場合は外科と協力しながら内視鏡治療や腹腔鏡で切除できる体制を整備しています。

内視鏡カプセル PillCam®SB3

カプセル内視鏡画像

正常

出血

腫瘍

検査の方法

  1. カプセル内視鏡を飲む
    患者さんは、小腸をきれいにするために前夜に下剤を服用し、検査当日は視野の透明性を確保するために消泡剤服用と500mLの飲水をして頂きます。 腹部にセンサアレイと呼ばれるカプセルからのデータを読み取るセンサーを貼り付け、 データを保存するレコーダの入ったウエストポーチを装着した後に、口から26×11㎜大のカプセルを服用します。

    センサアレイ

データレコーダ

  1. カプセル内視鏡が腸内を撮影・データを送信

    飲み込んだカプセル内視鏡は消化管(小腸)の中を通過し、1秒間に2~6枚のペースで発光、静止画撮影を行い、
    データレコーダに送信し続けます。検査時間は8時間です。
    検査時間はかかりますが、検査中の苦痛はほとんどなく、患者さんは通常通り日常生活を送ることができます。
    カプセルは、排便時に体外に排出されます。
    上部消化管内視鏡(胃カメラ)や大腸内視鏡(大腸カメラ)などの通常内視鏡検査に比べれば、非常に楽な検査です。

  1. 医師が撮影画像を解析

    カプセルは、約5~6万枚の画像を撮影します。撮影した画像を医師が解析し、疾患の場所や状態を調べます。

  1. 検査後

    カプセル内視鏡検査にて病変が判明した場合、ダブルバルーン小腸内視鏡を使用して生検や治療を行うことがあります。

  2. 合併症・禁忌事項

    カプセルが体外に排出されないことがあります。2週間以上排出されない場合(カプセル滞留)は、バルーン小腸内視鏡を用いて回収を試みます。滞留を起こしやすい消化管狭窄が疑われる方にはカプセル内視鏡は施行できません。
    また、胃や大腸の病変は小腸用のカプセル内視鏡では見にくいため、必ず事前に胃カメラや大腸カメラを実施することが望ましいとされています。
    さらに、電磁波の影響を受ける可能性があるので、カプセルが体内にある間はMRIなどの撮影はできず、心臓ペースメーカーを留置している方も禁忌となっています。

  3. 費用

    外来で検査を行った場合、本体の材料と技術料などを合計して保険適用で2〜3万円です。

ご利用案内

外来受付時間(月〜金)8:30〜11:30 ※再来受付機は8:00〜 ※土・日・祝は休診日

  • 救急受診について

面会時間 (月〜金)14:00〜20:00 (土・日・祝)10:00〜20:00

  • 外来受診のご案内
  • 入院のご案内
  • 診療科・部門案内
  • フロアマップ
  • 交通アクセス
  • 医療・福祉相談
  • よくあるご質問