診療科・部門案内

リハビリテーション科

「心と身体の安心サポーター
でありたい」

当院では、リハビリ開始平均日数2.5日と、手術の翌日や脳卒中発症当日からリハビリテーションを開始し早期回復へつなげることを念頭に、日々の業務に励んでいます。超急性期から、理学療法・作業療法・言語聴覚療法の専門チームで患者さんに関わっていくことで、これから始まる本格的なリハビリテーションをより良い状態で進めることができます。

リハビリテーションの流れ

当院では入院患者さんを対象に急性期のリハビリテーションを行い、入院直後から必要に応じてリハビリテーションを実施しています。

  • 【流れ図1】主治医による病状説明
  • 【流れ図2】診察申し込み
  • 【流れ図3】リハビリ担当医の診療
  • 【流れ図4】リハビリ開始
  • 【流れ図5】診察申し込み
  • 【流れ図6】リハビリの進行などの話し合い
  • 【流れ図7】リハビリの終了と転・退院

疾患別リハビリテーション

疾患別リハビリテーションの標準日数(疾患によって定められているリハビリ期間)

疾患 起算日 標準日数
脳血管疾患等リハ 発症・手術・急性増悪 180日
運動器リハ 発症・手術・急性増悪 150日
呼吸器リハ 発症・手術・急性増悪 90日
心臓リハ 発症・手術・急性増悪 150日
廃用症候群リハ 発症・手術・急性増悪 120日
がんのリハビリテーション 指定なし 上限なし

心臓リハビリテーション

【写真】心臓リハビリテーション

再発予防を目的として狭心症・急性心筋梗塞・心不全・心臓バイパス術・動脈瘤などの方を対象に、集中治療室より開始され、状態に合わせてリハビリ室でも行います。また、手術の方は、手術前から指導を行っています。

脳血管疾患等リハビリテーション

【写真】脳血管疾患等リハビリテーション

脳卒中を中心として超早期から転・退院までの問、理学療法、作業療法、言語聴覚療法を行っていきます。
まず、「起きて座る」からはじまり、いろいろな「手の動き」、「話す」、「食べる」などのリハビリテーションを患者さんの状態に合わせて進めていきます。

運動器リハビリテーション

【写真】運動器リハビリテーション

交通事故など様々な外傷による骨折や筋・靭帯損傷、老化などによる骨・関節疾患、脊椎疾患、その他に対して行われるリハビリテーションのことです。
主な内容として、関節可動域の改善、筋力維持増強、日常生活動作の再獲得に対してアプローチを行います。

呼吸器リハビリテーション

【写真】呼吸器リハビリテーション

集中治療室での人工呼吸器離脱目的から、外傷・外科手術後・慢性呼吸器疾患の急性増悪などの入院患者さんに対し、主に急性期の呼吸器リハビリテーションを展開しています。

がんリハビリテーション

がんと診断され、治療(手術、化学療法、放射線療法など)を受けている入院中の患者さんを対象に、主に筋力低下やADL(日常生活動作)能力低下の予防・改善を目的としたリハビリテーションを行います。がん特有の症状や心理面、リスクに配慮しながら、個別にアプローチをしていきます。

【写真】がんリハビリテーション

骨転移患者さんへのがんリハビリテーションにおける取り組み

近年、がん治療の進歩のためがん患者さんが以前より長く生きられるようになり、骨転移を有する患者さんの数は増える傾向にあります。特に骨転移は患者さんのADL(日常生活動作)やQOL(生活の質)に影響します。そのため、患者さんの治療と生活を支える上で、がんリハビリテーション(以下がんリハ)が重要となります。当院では2013年1月にがんリハを開始し、同年11月から、整形外科処方医が骨転移患者さんのリスク管理を行い、骨関連事象の発生や進行を抑制するシステムを含めた骨転移チームで対応しています。

がんリハとしては、2013年1月から2017年12月までにがんリハを受けられた780名の患者さんのうち、骨転移を有する患者さんが251名(32%)でした。がん腫はさまざまで、平均年齢は70.9歳(33歳~93歳)でした。リハ病期は、回復期14名、維持期195名、緩和期42名でした。がんリハ介入前後で平均PS(Performance Status)は3.25→2.96、BI(Barthel Index)基本的生活動作は50.5点→55.4点と改善しています。

骨転移チーム医療については詳しくはこちらをご覧ください。

当院では、骨転移診療に関する各専門家が早期から連携することで、骨転移に関して質の高い治療と看護に努め、がん患者さんの生活の質と予後を改善できるよう取り組んでいます。

教育・研修

超急性期のリハビリテーションは、患者様の入院と同時に疾患の治療と並行して廃用予防や合併症予防を目的に職員全員で行うことが重要です。そのための院内研修会や勉強会を開催しリハビリテーションの啓発を心がけています。

内容
摂食嚥下 看護師・研修医のための嚥下入門
人工呼吸器 呼吸器離脱のための理学療法
褥瘡対策 ポジショニングの実際
心臓リハ 分かりやすい心臓リハビリテーション
概論から実技まで
心不全のリハビリテーション
NST
(栄養サポート)
ミニレクチャー

研修会

院外教育

リハビリテーション専門職養成校(大学・専門学校)での講師・講演

  • 熊本保健科学大学
  • 熊本総合医療リハビリテーション学院
  • 九州中央リハビリテーション学院
  • 高知医療学院
  • 熊本駅前看護リハビリテーション学院
  • メディカル・カレッジ青照館

リハビリテーション協会主催の現職者講習会講師

認定取得

  • 日本心臓リハビリテーション学会認定心臓リハビリテーション指導士
  • 三学会合同呼吸療法認定士
  • 日本オリンピック医科学委員会認定メディカルトレーナー
  • 日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士
  • 熊本県介護支援専門委員
  • 福祉用具プランナー
  • 日本離床研究会離床インストラクター
ご利用案内

外来受付時間(月〜金)8:30〜11:30 ※再来受付機は8:00〜 ※土・日・祝は休診日

  • 救急受診について

面会時間 (月〜金)14:00〜20:00 (土・日・祝)10:00〜20:00

  • 外来受診のご案内
  • 入院のご案内
  • 診療科・部門案内
  • フロアマップ
  • 交通アクセス
  • 医療・福祉相談
  • よくあるご質問