診療科・部門案内

リハビリテーション科

チーム医療への参画

多職種が集まる医療チームの一員として活動し、回診やカンファレンスに参加しています。理学・作業・言語聴覚の専門性を発揮することでチーム医療に貢献できるよう、研修の受講や調査研究を行うなど資質向上に取り組んでいます。

参加チーム
  • 摂食嚥下部会
  • 栄養サポート(NST)
  • 褥瘡対策
  • 糖尿病
  • 心臓リハビリテーション
  • 人工呼吸器サポート
  • がんリハビリテーション
  • 緩和ケア

心臓リハビリテーションチーム

心臓血管外科・循環器内科・リハビリテーション科・栄養課・薬剤部・ICU・循環器科病棟・医療社会事業部からなる心臓リハビリテーション専門チームでは、心臓リハビリテーション教室を年間3クール、9回(5月~翌年3月)開催し患者さんやご家族にご参加いただいています。

心臓リハビリテーション教室の内容
第1回目 第2回目 第3回目
  • 効果と目的 (医師の説明)
  • 運動療法について (心臓リハビリテーション指導士の説明)
  • 薬について (薬剤師の説明)
  • 運動療法の実技 (心臓リハビリテーション指導士の説明)
  • 生活全般・緊急時の対応 (看護師の説明)
  • 食事療法について・試食 (管理栄養士の説明)

心リハチーム

心リハ教室

がんリハビリテーションチーム

血液・腫瘍内科、整形外科、外科、栄養課、薬剤部、看護部、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士からなるチームで、がんのリハビリテーション専門職員によるリハビリテーションと定期的なカンファレンスを行っています。

がんリハチーム

病期におけるがんリハビリテーションの分類と目的
予防的リハ がん診断後の早期から開始し、機能障害の出現を予防
回復的リハ 術後などに生じた機能障害・筋力低下等に対し最大限の回復を図る
維持的リハ 腫瘍の増大、機能障害が進行している患者のADLの維持・改善を図る
緩和的リハ 終末期において身体的・精神的・社会的にもQOLの高い生活が送れるように支援
がんリハビリテーションチームの活動内容
リハビリテーション受診 火曜・金曜
カンファレンス 木曜(緩和回診と同時に実施)
がんリハビリテーション委員会 毎月第4火曜日(予定) ※多職種参加

摂食嚥下リハビリテーションチーム

脳卒中や嚥下性肺炎などで飲み込みづらくなった方やムセを生じる方に嚥下造影検査を実施し、より安全に口から食べることが出来るよう、医師・言語聴覚士・栄養士・看護師・放射線技師など多職種がサポートしています。

摂食嚥下リハビリテーションチーム

ICUリハビリテーション

高度急性期病院で求められる新たなチーム医療として平成30年度から「ICU早期離床・リハビリテーション加算施設」の認可を受けました。
ICUにおける早期離床チャートの作成とICU専任リハビリテーションチーム(医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)の稼働により「離床までの日数」、「ICU在室日数」、「病院在院日数」の減少と更なる長期的予後改善を目指しています。

ICUリハビリテーション

脳卒中センター開設とリハビリステーションの運用

平成30年12月1日付で「脳卒中センター」を開設、センター内に病棟リハビリステーションを設け、「急性期のリハビリテーションは全職員が担う」というコンセプトのもと多職種による専門性の高い個別療法や集団アクティビティーを提供しています。

脳卒中センター開設とリハビリステーションの運用

個別療法

集団アクティビティー

ご利用案内

外来受付時間(月〜金)8:30〜11:30 ※再来受付機は8:00〜 ※土・日・祝は休診日

  • 救急受診について

面会時間 (月〜金)14:00〜20:00 (土・日・祝)10:00〜20:00

  • 外来受診のご案内
  • 入院のご案内
  • 診療科・部門案内
  • フロアマップ
  • 交通アクセス
  • 医療・福祉相談
  • よくあるご質問