診療科・部門案内

重症外傷センター

外傷外科について

重症外傷において、外傷蘇生・集中治療は一連の流れとして行われるべきものです。しかしながら、様々な科が関わる多発外傷では、これらを一連の流れとして対応することはそう簡単ではありません。当院総合救命救急センターではこの問題点を補完する目的で、重症外傷センターとして外傷外科を設置しております。
外傷外科が外傷蘇生・集中治療、治療方針の決定に広く関わることにより、重症外傷診療のレベルアップに日々努力しております。

近年の重症外傷患者の実績

多職種・多診療科によるチーム医療の実践

トラウマカンファレンス(症例検討会)

重症外傷患者診療においては、多職種・多診療科の連携によるシームレスな診療体制構築が必須であるため、当院では、症例の振り返りや外傷チームとして必要な外傷知識のupdateなどを、外傷関連各科医師、関係看護師などとともに毎月1回開催しています。
問題点などあれば、その場で積極的な意見討論を行い、最善の治療法を検討しています。共に治療方針を共有し、外傷診療の質を保つためにも重要です。

人材育成・スキルアップ

TREAT Mコース
(Trauma Resuscitation/Evaluation And Team Management)

American College of SurgeonのATLS®を日本の現状に合うように修正した院内の外傷教育研修システムを構築しています。JATEC®などの基礎となるコースです。
1年目初期研修医向けに毎年開催していますが、一連の外傷診療に必要な戦略を共有するため、院内だけでなく県内他施設での出張簡易コース開催も可能です。

九州外傷カンファレンス (KTC: Kyushu Trauma Conference)

九州の外傷診療のレベル向上を目標に、佐賀大学と協調して2017年より開催しています。外傷治療経過中に困ったことや難渋した事例を参加施設が持ち寄り、カンファレンスで協議することで問題共有ができるようになり、KTC参加施設の診療レベルが共通して底上げできるようになりました。
年2回開催ですが、参加施設も複数県へと広がる傾向がみられており、九州一丸となった外傷診療レベルの益々の向上を期待して、他施設と積極的に交流しています。

日本外傷学会外傷専門医研修施設

当院は、十分な重症外傷患者数、指導する医師、適切な診療体制を有する日本外傷学会専門医研修施設に認定されており、緊急度・重症度の高い外傷に対して、限られた時間内に、横断的に検査や治療の優先順位を判断でき、外傷診療に精通したリーダーとなれる医師を育成します。
なお、新専門医制度における救急科又は外科専門研修プログラムでは、外傷外科チーム・集中治療チームの一員として主に病棟での勤務にあたり、並行して外傷専門医の取得を目指すことができます。

リクルート・研修システム

●リクルート・研修システム

病院見学

●病院見学

ご利用案内

外来受付時間(月〜金)8:30〜11:30 ※再来受付機は8:00〜 ※土・日・祝は休診日

  • 救急受診について

面会時間 (月〜金)14:00〜20:00 (土・日・祝)10:00〜20:00

  • 外来受診のご案内
  • 入院のご案内
  • 診療科・部門案内
  • フロアマップ
  • 交通アクセス
  • 医療・福祉相談
  • よくあるご質問