診療科・部門案内

腎移植

レシピエント手術

レシピエントはABO血液型適合移植で移植7日前、ABO血液型不適合移植で移植14日前に入院となり、各々の状況に合わせて免疫抑制剤の投与を開始します。
通常提供される腎臓は右下腹部(右腸骨窩)に移植されます。移植する腎臓の血管は動脈と静脈の2種類があり、動脈は骨盤内の臓器(直腸、膀胱、子宮など)に血液を送る内腸骨動脈、もしくは足に血液を送る外(総)腸骨動脈と、静脈は足から血液が戻ってくる外腸骨静脈につなぎます(吻合)。また移植した腎臓から流れる尿が通る尿管と自分の膀胱も吻合します。

手術後は点滴のチューブ、ドレーンといわれる移植した腎臓付近の体液を排出するチューブ、尿を体外に出すためのチューブがついています。術後の状態が安定していれば1週間以内には全てのチューブを抜きます。その後も拒絶反応など起こさず経過が順調であれば、入院期間は手術前後も含めて3~5週間程度で退院となります。

ドナー手術

当院のドナー手術は、体に小さな穴を開けてカメラを挿入し、専用の器具を用いて腎臓を摘出する鏡視下手術(完全後腹膜鏡下)で行っています。従来の方法(開放手術)では腰部に20-30cmの大きな切開を加える必要がありましたが、傷が小さいことから術後の痛みが少なく、回復が早いという利点があります。手術2日前から入院し、手術後6-7日目には退院となりますので、入院期間は約10日間となります。
一方、開放手術と比較すると手術時間の延長や手術手技の難易度が上がることなどの欠点もあります。
当院はドナーの安全を最優先に考えて手術を行っております。手術の方法についても納得して頂くまで説明を致しますし、ご希望があれば開放手術による腎臓摘出も選択できます。

※上記内容は生体腎移植の流れになります。献腎移植の場合は亡くなられた方からの提供となりますので、突然連絡がありすぐに入院し手術となることがあります(心停止ドナーの場合は数週間かかる場合もあります)。また移植後すぐに尿が出ないこともあり、移植後1-2週間透析を行うこともあります。経過が良ければ移植後3-4週間で退院となります。

ご利用案内

外来受付時間(月〜金)8:30〜11:30 ※再来受付機は8:00〜 ※土・日・祝は休診日

  • 救急受診について

面会時間 (月〜金)14:00〜20:00 (土・日・祝)10:00〜20:00

  • 外来受診のご案内
  • 入院のご案内
  • 診療科・部門案内
  • フロアマップ
  • 交通アクセス
  • 医療・福祉相談
  • よくあるご質問