診療科・部門案内

生理検査

心電図

心臓の電気的活動を波形として記録する検査です。
簡便な方法で心臓に関する豊富な情報を得ることが出来ます。
不整脈、心筋虚血、心肥大、電解質異常など、様々な病気が異常波形として記録できます。

心電図

ホルター心電図

24時間心電図を記録することにより、日常生活での不整脈、心臓虚血の存在がないかを検査できます。
外来の場合はホルター心電図を装着したままで帰宅し、次の日に取り外しに来ていただきます。

ホルター心電図

トレッドミル

心電図を装着した状態でベルトコンベアーの上を決められた速度で歩くことにより、運動中の心電図を記録します。
運動中は心電図と血圧を随時観察しながら、患者さんの出来る範囲で行います。
運動中の心電図を記録することにより、不整脈、労作性狭心症、不安定狭心症などの鑑別が可能です。

トレッドミル

心臓超音波検査(心エコー)

人間には聞こえない高い周波数の音(超音波)を用いて心臓の動きや弁の逆流、狭窄などを調べます。
心筋梗塞、弁膜症、心筋疾患、心臓腫瘍、先天性心疾患などの鑑別が可能です。
X線とは違い超音波は体に害は無いので、何度でも繰り返し検査が出来るのが特徴です。

心臓超音波検査(心エコー)

経食道心エコー

超音波プローブを口から挿入し、食道や胃を通して心臓を観察します。

脳波

頭に電極を装着し、脳の活動状態を調べます。 記録中に開閉眼テストや閃光刺激、過呼吸を行うことにより、異常波形が出現しやすくなります。
また突発性異常波は入眠期に誘発されやすいので、睡眠中の波形も記録します。
検査時間は約1時間程度かかり、てんかんや脳症などの鑑別に用います。
検査中に体動が激しい方や小さなお子様の場合はお薬により眠らせてから検査をします。

脳波

筋電図(NCV、ABR 、SEP)

末梢神経伝導速度(NCV)
足や手、顔の神経の状態を調べます。神経の脱髄や軸索変性を波形として記録します。手根幹症候群などが鑑別できます。電気を与える検査ですので、多少痛みを伴います。
聴性脳幹反応(ABR)
クリック音(カチカチ・・・という音)を聴かせることにより、どれほどの小さな音まで反応するかを調べます。波形は本人の意思に関係なく出現しますので、小さなお子様はお薬により眠らせてから検査をします。難聴の精査やめまいの原因検索などに用いられます。
体性感覚誘発電位(SEP)
手や足の末梢神経を刺激して、その反応を頭部にて記録することにより大脳皮質や脳幹の状態を調べることができます。脳変性疾患、脳脱髄性疾患、脳腫瘍、脊髄の障害の鑑別が可能です。

筋電図(NCV、ABR 、SEP)

血圧脈波検査(ABI/PWV)

腕と足の血圧を同時に測定することにより、動脈硬化の程度や血管(動脈)が狭窄していないかどうかを調べます。
下肢の血圧は上肢の血圧とほぼ同じかやや高いのが正常ですが、下肢の動脈が狭窄または閉塞していると下肢の血圧は低下してきます。
閉塞性動脈硬化症、高安動脈炎などの鑑別が可能です。

血圧脈波検査(ABI/PWV)

指尖容積脈波

手の指や足の指にセンサーを装着し、末梢血管の容量変化を波形として記録します。レイノー病やバージャー病などの鑑別に用います。

肺機能検査

肺活量、努力性肺活量、機能的残気量、肺拡散能力、最大換気量、クロージングボリュームを測定することにより、肺の状態をより詳しく調べることができます。
気管支喘息、肺気腫、間質性肺炎などの鑑別が可能です。

肺機能検査

スパイロメトリー

努力性肺活量、1秒量などを簡易的に調べます。主に術前の肺活量を調べる時に用います。

24時間血圧計

24時間、腕に血圧計を装着することにより日常生活での血圧の変動を調べます。
30分おきまたは1時間おきに自動で測定します。
高血圧の鑑別、降圧剤の効果鑑別などが可能です。

ご利用案内

外来受付時間(月〜金)8:30〜11:30 ※再来受付機は8:00〜 ※土・日・祝は休診日

  • 救急受診について

面会時間 (月〜金)14:00〜20:00 (土・日・祝)10:00〜20:00

  • 外来受診のご案内
  • 入院のご案内
  • 診療科・部門案内
  • フロアマップ
  • 交通アクセス
  • 医療・福祉相談
  • よくあるご質問