看護部

看護師ブログ

市民公開講座「やってみよう!災害医療 救急医療」を開催しました

2014年05月26日 月曜日  | 日々の出来事

平成26年5月10日(土)に市民公開講座を開催しました。昨年の秋にも開催し好評をいただいた体験講習の企画で、今回は227名の方にご参加いただきました。

今回は「災害車両(ディザスターレスキュー)、トリアージって何?、使ってみようAED、ドクターヘリ」と4つの体験ブースを準備し、救急センターのドクターヘリスタッフはヘリポートで皆様をお迎えしました。


5階にあるヘリポートでは、実際に使用しているドクターヘリに乗り込んで写真を撮ったり、スタッフがご質問に答えたりと短い時間を有効に活用できました。


格納庫では、ヘリ出動時のスタッフの活動を映像にまとめ、実際に飛んでいるヘリからの映像や緊迫した出動場面を見ることで私たちの活動を知ってもらいました。またフライトスーツの試着コーナーを設け、子どもから大人の方まで大変喜んでいただきました。


 

私達も市民の皆様と触れあうことができドクターヘリを理解していただく貴重な機会を得て、自分達の仕事に誇りを持って今後もベストを尽くしていきたいと感じた有意義な一日でした。

暑い中最後までご参加いただきましてありがとうございました。


 

看護の日イベント

2014年05月21日 水曜日  | 日々の出来事

5月12日は、近代看護教育の母であるフローレンス・ナイチンゲール誕生の日。

毎年、当院では早朝に献花祭を行っています。看護師1人1人が肖像画に献花し、ナイチンゲール誓詞・ナイチンゲールの歌を斉唱します。

看護師2年目となるスタッフが1年間の経験を振り返って「私の看護観」を発表し、自分自身の看護観を改めて考えさせられる日でもあります。スタッフの話を聞きながら、今後も患者さんへの心からの看護を提供できるよう努めていきたいと思いを新たにしました。


 

また、1階待合ホールでは、認定看護師が脳卒中の危険因子や注意すべき症状について説明したり、模型を使用した乳がん自己検診方法の説明、腎臓病教室の案内を行いました。


 

実際に話を聞かれた患者さんから、

「気をつけないとと思っているけど、詳しいことはよく分からないから、話を聞けて良かった」

などのご意見をいただきました。来院者の方が疾患を知る良い機会になったのではないかと思います。

今後も様々なイベントを行っていきますので、ぜひ当院イベントにお気軽にご参加下さい。