看護部

看護師ブログ

こども病棟がプラネタリウムになりました!

2016年07月29日 金曜日  | 日々の出来事

7月21日、山梨県の星空工房アルリシャさんのご協力により、こども病棟がプラネタリウムになりました。

入院生活では見ることのできない星空を、プレイルームに展開されたドームの中で見上げることができました。

6 

8

今の時期に見える星空や星座、地球を飛び出したら星はどう見えるかなど、

まるで宇宙を冒険しているようでした。

星を見た子どもたちは、「きれいだった!」「楽しかった!」と話してくれました。

また、ベッド上で安静が必要な子どもには、病室で上映を行ってくださり、

病室の天井に映し出された星空を見上げた親子は、「お部屋で見られてうれしい」と

拍手して喜ばれていました。

11

広い宇宙の中の地球、その中の日本、その中の熊本という、宇宙から見たら小さな小さなこの場所で

人と人が出会うということがとても素晴らしいことだと感じさせられ、

子どもと一緒に鑑賞されたご家族も感動されていました。

子どもたちだけではなく、地震後、ゆっくり星空を見上げることがなかった私たち大人にとっても

素敵な時間となりました。

 

星空工房アルリシャさん、本当にありがとうございました。