看護部

看護師ブログ

日本クリティカルケア看護学会で発表しました

2017年07月31日 月曜日  | 日々の出来事

当院では、看護研究活動が活発で、毎年多くの病棟が院内発表を行っています。

ICUでは、平成27年度から約2年間に渡って看護研究を実施しており、院内発表後にその集大成として、

先日仙台で行われた日本クリティカルケア看護学会で論文発表を行いました。

研究のテーマは「緊急的に人工呼吸器管理となり言語的コミュニケーションが困難な患者との関わりにおける看護師の体験」。

このテーマは、ICUに入室される患者さんとの関わりの中で、

気管挿管や気管切開によって言葉での意思疎通が図れない場合に、コミュニケーションの困難さに悩んだり、

多重課題の中で十分に患者さんと関わる時間を確保できずに葛藤したりしているという現状から導き出されました。

広い会場での発表はとても緊張しましたが、

発表群の中には内容が近いテーマの研究や、違った視点からアプローチされた研究などもあり、

大変興味深く勉強になりました。

また、最新の医療や看護ケアについての新たな発表もあったため、他施設のケアについても知る機会となり、

日々の看護に活かせる知識を得て、私たちの日頃のケアを振り返るきっかけにもなりました。

今回の経験を活かして、これからも安全で質の高い集中治療看護に努めていきたいと思っています。

ICU写真②

こんにちは、8階東病棟です。

2017年07月31日 月曜日  | 日々の出来事

8階東病棟は、呼吸器内科、皮膚科、内科の混合病棟です。

先日、病棟勉強会で、皮膚科の包帯交換シミュレーションを行いました。

皮膚科には、火事や事故などで腕や足、全身に火傷を負った患者さんが入院されるため、

私たちは、熱傷の知識や技術を高めるため、定期的に勉強会を開催しています。

8東写真②

熱傷とは、正常な皮膚が破たんしている状態なので、感染を起こさないようにすることがとても大切です。

そのため、写真のように、清潔な軟膏ガーゼや包帯を医師に手渡す「清潔係」と、

足や腕を持ったり、テープを準備したりする「不潔係」とに役割を分けて感染を防いでいます。

また、包帯交換は痛みなどの侵襲を伴う処置で、患者さんにとっては苦痛な時間です。

そのため、痛みを和らげるような処置をしたり、事前に部屋を暖めたり、なるべく短時間で終わらせるなどの工夫を行っています。

これからも、患者さんによりよいケアが出来るよう、日々、知識や技術を深め、専門性のある看護を提供していきます。

「0歳児の発達と保育」~育児休業中の職員の集まり~

2017年07月06日 木曜日  | 日々の出来事

当院では、育児休業中の看護部職員を対象に「0歳児の発達と保育」研修を年2回開催しており、

6月29日(木)に今年度1回目の研修を行いました。

今回は10組の親子が参加し、こどもの発達に合わせた保育について保育士から説明があったり、

一緒に身体を動かして刺激をするなど楽しい時間を過ごしました。

また、母親自身の体調管理や母乳栄養に関することなど、個別の相談もできました。

初めての育児中の職員もおり、経験者から体験を聞くことができ、交流の機会にもなったようです。

次回は、来年1月頃に開催を予定しています。

                                                                                         看護部 教育研修室

DSC03165 DSC03160

DSC03171 DSC03173

 

 

平成30年度採用 就職説明会

2017年07月06日 木曜日  | 日々の出来事

こんにちは。

5月13日(土)、5月21日(日)、6月3日(土)に平成30年度採用 就職説明会を開催し、

120名の学生さんに参加いただきました。

まずは病院紹介DVDを視聴、続いて看護副部長から熊本地震での当院の活動や、

看護部の勤務体制、新人教育などの病院概要についてお話しました。

ブログ写真①

そして、事務職員による福利厚生や採用試験の説明のあと、先輩看護師とともに施設見学を行いました。

初めて当院を訪れた参加者も多く、病院の機能や広さに驚かれていました。

見学の後は、10名前後のグループに分かれて座談会を行い、看護師になった理由や所属部署・仕事内容をお話しました。

また学生さんからも、国際救援や災害救護、フライトナースや認定看護師、看護ラダーについてなど多くのご質問をいただきました。

ブログ写真②

このように現場で働く看護師の声が聞けたことは、

これから看護師を目指す学生さんにとってもプラスになったのではないかと思います。

これから皆さんと一緒に働ける事を楽しみにしています。

「緩和ケアリンクナース研修会」を開催しました

2017年07月06日 木曜日  | 日々の出来事

当院では、がん化学療法認定看護師、緩和ケア認定看護師など

様々な分野のがん関連認定看護師が、院内・院外看護師向けの研修会を定期的に企画・開催しています。

                                          ⇒ 専門看護師・認定看護師一覧

6月3日に「緩和ケアリンクナース研修会」を開催し、

各看護単位において今年度「緩和ケアリンクナース」の役割を担うスタッフ16名が参加しました。

日本看護協会出版の「看護師に対する緩和ケアテキスト【改訂版】」に基づいた研修内容で構成し、

午前中は、「患者の意思決定支援」をテーマにロールプレイを行いました。

また、午後は「苦痛緩和」、「専門家への橋渡し・連携」のテーマで、グループワークに取り組みました。

参加者からは、「とても濃い盛りだくさんの内容で、エネルギーを使った分勉強になりました。

他のスタッフにもお勧めしたいと思います。」といった声が聞かれました。

これからも、より実践に即した研修会を企画・運営していきたいと思います。

                                                     がん関連認定看護師一同

研修写真