看護部

看護師ブログ

キャンドルサービスを行いました!

2017年12月28日 木曜日  | 日々の出来事

12月25日に、当院のクリスマスの恒例行事である「キャンドルサービス」を行いました。

この行事は、クリスマスを病院で過ごす患者さんに少しでもクリスマスの気分を味わっていただき、

癒しの時間を過ごしていただけるようにと開院当初より毎年行われており、今年で43回目になります。

12

病棟の明かりを消し、キャンドルを持った看護師が各病棟内をゆっくり回りながら

「きよしこの夜」と「諸人こぞりて」を合唱します。

車いすでナースステーションまでお連れしたり、ベッド上安静の患者さんは入口から見えるように位置を調整したりしました。

患者さんからは「きれいな歌声だね~」、

「病院でクリスマスの気分を味わえるなんて思ってなかったよ」など、嬉しい感想を聞くことが出来ました。

患者さんや面会のご家族も笑顔で喜んでくださり、病棟は神聖な雰囲気に包まれました。

来年もまた、きれいな明かりと素敵なハーモニーで患者さんの心を癒せるよう続けていきます。

 212

 

 

新生児蘇生法についての勉強会を行いました

2017年12月25日 月曜日  | 日々の出来事

4階東病棟は産婦人科病棟です。

産科は分娩室や新生児室があり、妊産褥婦さんと新生児のケアを行っています。

婦人科では婦人科疾患手術の患者さんをはじめ、化学療法を行う患者さんのケアを行っています。

婦人科の手術には内視鏡手術を積極的に取り入れています。

 

4階東病棟では日々出産があります。

大きな問題のない正常なお産もありますが、毎回正常なお産ばかりではありません。

生まれた直後の赤ちゃんにケアが必要な場合もあります。

そんな赤ちゃんのケアのひとつが「新生児蘇生法」で、

私たちは新生児蘇生法についての勉強会を定期的に行っています。

小児科医が赤ちゃんの模型と実際に使用する機材を使って具体的な使用方法を説明します。

CIMG4312

小児科や手術室のスタッフと合同で緊急帝王切開手術のシミュレーションも定期的に行っています。

CIMG4253

4階東病棟では、年間約400人の赤ちゃんが生まれています。

母子ともに安全に元気に出産ができるよう日々自己研鑽しながら、お手伝いしています。

お母さん方に寄り添い、新しい命が誕生する瞬間の感動を共有できることが、私たちの何よりの喜びです。

出産時だけでなく、その後も育児指導やさまざまなアドバイスを行い、

母子ともになにかあればすぐに対応できるように見守っていきます。

こども病棟にクリスマスがやってきました!

2017年12月25日 月曜日  | 日々の出来事

12月20日(水)こども病棟でクリスマス会を開催しました。

クリスマス会は、毎日治療を頑張るこどもたちに、

季節の行事で、入院生活の中に楽しみを持ってもらうことを目的に毎年開催しています。

職員だけではなく、保護者の方にも参加してもらい、親子で楽しんでもらえるような会を企画しました。

IMG_0497

 

今年は、当院のボランティアさんによる、楽しい絵本の読み聞かせとクリップアート、

いろいろなキャラクターに変身した小児科医師によるハンドベル演奏

「もろびとこぞりて」「きよしこの夜」で、一気にクリスマスムードになりました。

DSC00401

 

また、看護師によるシルエットクイズ「まっくら、お楽しみ!」が行われました。

IMG_0381

 

さらに、こども3階病棟では、こどもたちがマジックショーを行い、

必死に練習したマジックは大成功で大いに盛り上がりました。

DSC00389

 

会の最後には、小児科部長扮するサンタクロースが登場し、ひとりひとりにプレゼントを手渡しました。

こどもたちは「サンタクロースだ!」と大喜びでした。

DSC00432

 

こどもたちや家族、職員全員の笑顔があふれ、素敵な思い出に残るクリスマス会になりました!

多数傷病者受け入れ訓練を行いました

2017年12月15日 金曜日  | 日々の出来事

こんにちは。救命救急センターです。

当院は基幹災害拠点病院に指定されており、災害医療の中心的役割を担っています。

年1回、医師・看護師・コメディカル・事務、消防や専門学生と一緒に

災害を想定した大規模な多数傷病者受け入れ訓練を行っています。

今年は11月19日に行い、参加者は約300名でした。

H29ブログ①-2

H29ブログ① 

今回は、熊本地方を震源とする震度7の地震が発生したという想定で訓練を行いました。

私たち看護師は、医師と一緒に発災直後から診療統括班、各エリアを展開し

傷病者を受け入れるための準備を行いました。

救急外来スタッフは各エリアのリーダー、サブリーダーを担当し、エリアマネージメントを行いました。

続々と運ばれる傷病者に対し、医師と共にトリアージ(緊急度判定)を行い、適切なエリアに搬送しました。

搬送後に傷病者の容体が急変する場面もあり、各エリアのスタッフと連携をとりながら対応していきました。

訓練終了後は全体で意見交換を行い、改善点などを見出していきました。

H29ブログ②

昨年の熊本地震を踏まえて改めて日々の訓練の大切さを実感しています。

いつ起こるか分からない災害に対して適切に対応できるよう、年間を通して

救急外来を中心に病院全体で訓練を行っていきます。

新人看護師のポートフォリオ発表会を行いました

2017年12月06日 水曜日  | 日々の出来事

5階西病棟の病棟会で、新人看護師のポー トフォリオの発表を行いました。

新人研修の一環として行っているもので、入職してからの半年間を振り返り、

それぞれの表現方法で1つの作品としてまとめたものをポートフォリオと呼んでいます。

作成の過程や発表で学びや経験を深め、お互いの学びを共有する機会となっています。

ポートフォリオを作成してみて、「毎日の振り返りがなかなかできていなかったため、自分の業務を振り返るよい機会となった。

振り返ってみてあれもこれもできていないなと感じ、それを少しでもなくしていきたいと思った。」、

「いろいろあったなと学びを振り返る機会となった。

先輩方からいただいたアドバイスを思い返し、学んだことを活かして頑張りたいと思った。」との感想がありました。

新人看護師は9月で新人マークが外れ、患者さんの受け持ちが始まりました。

病棟では、患者さんの身の回りのお手伝いや、専門的な手術や検査後の観察など、多くの業務がありますが、

新人看護師が日々、出来ることが増えていく姿を見るのは、先輩看護師の励みにもなっています。

研修で得た学びを病棟での看護に活かせるよう、一緒に頑張っていきます。

写真①

写真②