看護部

看護師ブログ

こんにちは、8階東病棟です。

2018年11月30日 金曜日  | 日々の出来事

8階東病棟は呼吸器内科、内科、皮膚科の混合病棟です。

呼吸器内科ではがんの治療(化学療法や放射線療法など)、内科では糖尿病の血糖値コントロール、

皮膚科では火傷の治療や手術など、さまざまな治療を行っています。

その中で糖尿病の治療には食事療法や運動療法、薬物療法があり、退院後の日常生活が大切になってきます。

糖尿病の患者さんは、退院後も自ら継続して治療を続けていけるよう、入院中にその方法を学びます。

そのため、病棟看護師は患者さんに一貫した指導ができるよう、内科外来の看護師と一緒に勉強会を行っています。

今回の勉強会では、一つの症例をもとに、

どのような情報収集や指導が必要か、グループディスカッションを行いました。

糖尿病の患者さんから情報収集を行うことは、入院前の生活を把握するためにとても重要です。

グループディスカッションの後は、実際の指導方法のポイントなどを話し合いました。

IMG_0692

これからも内科外来の看護師と協働して、糖尿病の患者さんに合った、

生活の改善のための指導を行っていきたいと思います。

こんにちは、6階西病棟です。

2018年11月30日 金曜日  | 日々の出来事

 6階西病棟は循環器内科・心臓血管外科・内科を中心とした混合病棟です。

今回は、2017年10月に当院が認可を受けた体内植込み型補助人工心臓手術についてご紹介します。

この手術は、心臓移植を待つ重症心不全の患者さんに適応され、在宅での生活や社会復帰が可能になります。

認可を受けてから毎月1回、心臓血管外科・循環器内科の医師、集中治療室・病棟・外来看護師、

臨床工学技師、理学療法士、臨床心理士など多くの職種が集まり、カンファレンスを開催し、

手術を受けられた患者さんの治療方針の確認や在宅生活に向けての話し合いを行っています。

【カンファレンスの様子】

看護ブログ用①

 病棟では、自宅退院に向けて、多職種と協力しながら機器の点検やリハビリ、

自宅での生活管理の指導を行っています。

不安や困ったことなど看護師だけでは解決できないことも多くあり、

患者さんを中心に多職種と協力しながら、よりよい在宅生活に向けて取り組んでいます。

【毎日の日課である機器の点検の様子】

1b6a1789320f979f740ae48046cac76a

【リハビリの様子】

c2cb615b2e65347a3509829db06c622a

こんにちは。こども2階病棟です。

2018年11月15日 木曜日  | 日々の出来事

こども医療センターには2名の病棟保育士が所属しており、

私たち看護師と情報共有を行いながら患者さんの成長、発達を支援しています。

毎月、保育士が季節感を取り入れた行事を企画していますが、

10月は恒例行事となってきているハロウィンイベントを31日に開催しました。

DSC01263

患者さんだけでなく医師、看護師、保育士らも仮装しイベントに参加しました。

DSC01306

サックス、ホルンの特技をもつスタッフがディズニーの曲を演奏しました。

DSC01284

普段は白衣姿のスタッフを見て泣いてしまう子も多いですが、

この時はこどもたちも驚きの表情を見せながら演奏に聴き入っていました。

入院生活を余儀なくされ、日常生活とは異なる環境の中、治療をがんばっている

患者さん、ご家族に少しでも季節感を感じ、楽しい時間を過ごしていただけるよう、

今後も保育士と協働していきたいと思います。