看護部

看護師ブログ

令和2年度採用看護職員募集説明会を開催しました

2019年06月25日 火曜日  | 日々の出来事

5月11日(土)、12日(日)、6月18日(土)に、令和2年度採用看護職員募集説明会を開催しました。

3日間で113名の学生さんにご参加いただきました。

説明会では、病院紹介と熊本地震での当院の活動を記録したDVD上映のあとに、

看護副部長より病院の基本方針や看護師の勤務体制、教育体制についての説明があり、

学生の皆さんはメモをとりながら熱心に話を聞いていらっしゃいました。

説明の後には、5つのグループに分かれて院内の見学をしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

また、実際に働く先輩看護師から直接話を聞くことができる座談会を行い、

職場の環境や勤務体制、教育体制の実際、休日の過ごし方などについて話をしました。

国際救援や救急医療(フライトナース)、災害活動に関する質問も多く、学生さんの関心の高さが伺えました。

私が勤務している手術室に関する話をすると、手術室を希望している学生の方も多く、

目的・目標を持って当院の説明会に参加されたことをうれしく思いました。

今後みなさんと一緒に働けることを楽しみにしています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

コミュニケーション研修を行いました

2019年06月14日 金曜日  | 日々の出来事

 6月8日、“実践に活かせる”コミュニケーション研修を行いました。

当院のがん関連認定看護師がファシリテートし、9名ずつの3グループに分かれて、

仮想事例をもとにロールプレイに取り組みました。

「共感することの大切さ」「沈黙の意味」「答えを出さなければいけないのではなく、一緒に考える」

「看護師の価値観や意見を押し付けない」などの気づきや学びがあったようです。

これからも患者さんや家族に寄り添う看護ができるよう努めてまいります。

看護研修会1 看護研修会2

 

「看護の日」イベント

2019年06月04日 火曜日  | 日々の出来事

5月12日は近代看護教育の母である、フローレンス・ナイチンゲールの誕生日です。

これまで“ナイチンゲール”という名前を聞いたことがある方は多くいらっしゃると思います。

彼女は、イギリスで起きたクリミア戦争で敵・味方関係なく

負傷兵たちに献身的な看護を行ったことでも有名であり、

その功績を讃えて、5月12日は「看護の日」と制定されています。

IMG_3372

当院では、5月8日と5月10日の2日間にわたって看護の日のイベントを行いました。

病院1階の総合待合ホールでは、摂食嚥下障害看護認定看護師と救急看護認定看護師による

「安全に食べるためのポイント」について説明が行われ、

外来患者さんやご家族の方など多くの方が足を運んでくださいました。

安全に食事を食べ続けるために、口腔ケアの大切さや嚥下体操、誤嚥した場合の対応について

説明を行い、パンフレットの配布を行いました。

看護の日

他にも、赤十字救護看護師の写真展、赤十字活動のDVD放映や、

午後からは「おいしく食べ続けるために」というテーマで市民公開講座を行いました。

IMG_3295 市民公開

ナイチンゲールは、「私たちは、自分が褒められるためにではなく、

私たちが選んだこの仕事に名誉をもたらし、それを前進させるために、

心を打ちこんで事を成し遂げていこうではありませんか」と述べています。

私たちは、先人の教えを胸に、これからもよりよい看護を提供できるように努めてまいります。