臨床研修病院

ブログ

CVカテーテル穿刺講習会を実施しました

2014年06月24日 火曜日  | 初期臨床研修

当院では医療安全の観点から、年に2回、初期臨床研修医を対象としたCVカテーテル穿刺講習会を行っています。平成26年6月14日(土)に、初期臨床研修医を対象とした1回目のCVカテーテル穿刺講習会を実施しました。 今回は、医療安全や感染対策などの面から、指導医、看護師からの座学を念入りに行いました。初めはうまく入らなかった1年目研修医も、2年目研修医の熱心な指導のおかげで最後には全員スムーズにカテーテルを挿入することができました。   <1年次研修医 松本咲耶先生の感想> 研修開始から3ヶ月が経過しようとしていますが、まだCVカテーテルを扱ったことがなかったため、練習とはいえ大変緊張しました。 講習は手技だけでなく、CVカテーテルの適応や感染対策についても学ぶことができ非常に勉強になりました。今日学んだことを今後の臨床で生かしていきたいと思います。
写真中央が松本医師
  最後はお菓子で打ち上げ・・・研修医のみなさん、お疲れ様でした! そして、指導をしてくださった先生方、ありがとうございました。

eレジフェア2014in小倉に出展しました

2014年06月09日 月曜日  | 初期臨床研修

研修医2年目の宮本です。 平成26年6月1日(日)に小倉で開催されましたeレジフェア2014に参加しました。 今回は少人数ずつ対面で、学生の質問に答えながらプレゼンしていくような方式をとりました。 参加した研修医と奥本救急科部長はしゃべりっぱなし・・・。少し喉が疲れましたが、意識の高い学生と話をすることで、自分も刺激を受けることができました。

右側手前が奥本救急科部長

わずかな時間では当院の良さを伝えきれなかった点もありましたので、少しでも興味を持っていただけた方は、是非一度見学にお越しください。 またお会いできるのを楽しみにしています! 病院見学をご希望の方はこちら

平成26年度 常備救護班訓練に参加しました

2014年06月03日 火曜日  | 初期臨床研修

熊本赤十字病院をはじめとした熊本県内4つの日赤施設からなる日赤熊本では、医師2名、看護師3名、主事2名からなる常備救護班を9班編成し、有事に即応できる体制を整えていますが、班員は毎年十数回の各種訓練に参加し、携行医療資機材や医薬品の取扱い方法を習熟します。 平成26年5月23日~24日にかけて実施した平成26年度最初の常備救護班訓練では、二年目研修医が参加し訓練を行いました。 1日目は県支部での人形を使っての訓練や座学で学びます。   2日目は、阿蘇の施設で実際の災害現場に近い形での訓練を実施します。 真剣な表情で訓練中 傷病者役もこなします 熊本赤十字病院は熊本県の災害拠点病院に指定されています。有事には訓練を積んだ研修医が救護班と一緒に活躍してくれるはず!! 訓練に参加された救護班の皆さん、研修医の先生、お疲れ様でした。