臨床指標

再入院率

一旦、退院された患者さんの中で、退院後42日以内に再入院になった方の割合を示す指標です。
入院管理・退院指示が適切であったかを再評価する指標となります。
高齢の方、合併症の多い重症な方の入院が増加していますが、再入院率を低くできるように入院管理の質の向上に努めております。

img_rehospitalization01

≪指標≫再入院率(退院後42日以内)

算出方法

分子 前回退院時より42日以内に
再入院した患者数

×100
分母 全退院患者症例数

※対象:医科保険請求対象症例

※(分子):前回入院、今回入院の入院中の主な診療目的が「その他の加療」である。
今回入院の契機となった疾患コード(MDC6)が、前回入院の疾患コード(MDC6)と一致する患者数