看護部

看護補助者(ケアサポーター)

看護補助者は、医療・看護の現場で、主に看護師業務のサポートを行い、資格などは必要ありません。
医療チームの一員として大切な存在であるとともに、患者さんにとって身近な存在です。

看護補助者の業務

入院患者さんの日常生活のサポート

  • 食事の配膳、セッティング
  • 入浴や洗髪、清拭の介助
  • 車いす移動、歩行の介助
  • トイレの誘導・介助、オムツ交換
  • ベッドで寝ている患者さんの体位交換の介助

    など

配膳

入浴の介助

車いすでの移送

快適で安全な療養環境の整備

  • シーツ交換
  • 病室の温度調整や換気、騒音などの確認
  • 病棟で使う診療材料の補充、整理整頓

    など

看護師との業務ミーティング

シーツ交換

治療や処置が円滑に進むための補助

  • 診療に必要な物品の準備、片付け
  • 医療器具の洗浄

    など

物品の準備

医療器具の洗浄

検査検体の確認

教育・研修

当院では、医療や看護の知識・経験がない方でも安心して働けるよう、教育・研修に力を入れています。
「看護補助者実践ラダー」という制度を用いて各人の目標設定をサポートし、キャリアアップを支援しています。


看護補助者実践ラダー

到達目標をレベル別に示したもので、必要な研修を受講し、評価を受けることによりレベルを取得し、
ステップアップを目指すことができます。

レベル到達目標必要な研修
I看護補助者の役割を理解し、マニュアルを見たり助言を受けながら業務ができる。チームメンバーに報告や相談ができる。 看護基礎技術研修(体位変換、車いす・ストレッチャーへの移動)など
III 一人で業務を遂行できる。所属部署や自己の目標達成を意識しながら取り組むことができる。医療安全研修、感染管理研修、心肺蘇生法・AEDの使い方など
IIIリーダーシップを発揮し、同僚の指導ができる。目標達成を意識して取り組み、結果を出すことができる。看護補助者リーダー研修など

『看護補助者』研修計画

実技研修(清拭)

チューター研修

先輩看護補助者の声

現場を支える、やりがいのある仕事です

やりがいと充実感を感じます

医療を支える一員として、患者さんが生活するためのお手伝いができることに、やりがいと充実感を感じます。

「あなたがいてくれてよかった」

患者さんから「あなたがいてくれてよかった」「話を聞いてもらったら気持ちが楽になった」と、笑顔でお言葉をいただいたことは、大きな励みになり、この職に就いてよかったと、心から思いました。

重要な仕事だと実感しています

あまり目立ちませんが、看護補助者がいなければ現場がまわらないほど重要な仕事だと実感しています。

オンもオフも活気のある職場です

お互いに助け合って働ける職場です

看護の経験がなく入職し、不安だったとき、看護師や看護補助者の先輩が優しく教えくれました。明るく優しい人ばかりで話しやすく、お互いに助け合って働ける職場です。

楽しい時間を過ごせます

当院にはスポーツ大会や大忘年会、誕生夕食会など、さまざまな年間行事があり、その一つ一つが盛り上がり、楽しい時間を過ごせます。多職種との交流が広がることで業務がスムーズになり、お互いの能力を活かし合いながら皆、生き生きと仕事をしています。

良好な関係を築いています

部署内や他部署のメンバーと積極的にコミュニケーションをとり、良好な関係を築いています。

たくさんの仲間があなたを待っています

「人の役に立てる仕事に就きたい」

「人の役に立てる仕事に就きたい」「病気で苦しんでいる方や身体の不自由な方に対し、何か自分にできることがあるのではないか」と思い、この仕事を選びました。

この仕事をしている自分を誇りに思っています

高校生の頃、人の役に立つ仕事をしたいという漠然とした考えを思っていました。そんな時に先輩から「日赤はスポーツも盛んだし行事もたくさんあるよ」と誘われたのが就職のきっかけです。初めは医療の現場で不安がありましたが、たくさんの先輩や同僚に恵まれ、今はこの仕事をしている自分を誇りに思っています。

“笑顔”にできる素敵な仕事

誰かを“笑顔”にできる素敵な仕事だと思います。皆さんも私たちと一緒に“笑顔のバトン”をつなげてみませんか。

採用情報

下記ページの「看護補助者(看護助手)」募集要項をご覧ください。