看護部

看護部の特色

二交代制

平成7年9月から段階的に始まり、全国的にも早くから取り入れておりました。現在、救急外来を除く全病棟で実施されています。

患者さんにとっては夕方の看護師が翌朝も勤務しており、安心感があります。深夜の申し送りがなく、時間の有効利用、看護の継続が図れます。一回の勤務時間は長くなりますが、その分休みの時間も多いという利点があります。

リソースナース

現在、感染・褥瘡・NSTなどのリンクナースが専門的知識を深め、各看護単位で活動しています。
また、当院では、平成29年から「院内認定看護師制度」を導入しており、「せん妄ケア院内認定看護師」、「リンパ浮腫ケア院内認定看護師」、「がん疼痛ケア院内認定看護師」が活動しています。

救護員としての赤十字看護師

当院では、キャリア開発ラダーレベルIIを取得した者を、救護員として日本赤十字社熊本県支部へ登録しています。登録後は、常備救護班要員を始め各スポーツ大会や行事の救護要員として活動しています。

赤十字看護師としての活動

赤十字講習事業の指導員を育成し、地域の皆様のお役に立てるよう活動しています。

救急法指導員20名
健康生活支援講習指導員19名
幼児安全法指導員10名
水上安全法指導員2名

(平成31年4月現在)