指導や助言を得ながら看護活動ができる者

1. 新人看護職員研修の理念

  1. 看護は人間の生命に深く関わる職業であり、患者の生命、人格及び人権を尊重することを基本とし、生涯にわたって研鑚されるべきものである。新人看護職員研修は、看護実践の基礎を形成するものとして重要な意義を有する。
  2. 新人看護職員を支える為には、周囲のスタッフだけではなく、全職員が新人看護職員に関心を持ち、皆で育てるという組織文化の醸成が重要である。新人看護職員を支援し、周りの全職員が共に支え合い成長することを目指す。

2. 新人看護師研修の目的・目標

研修目的

新人が社会人としての自覚と責任を持ち、専門職としての臨床実践能力・プライマリナースとしての基本的態度を習得できるように支援する。

研修目標

  1. 社会人・専門職業人としての基本的態度を身につける。
  2. リアリティショックを軽減し職場に適応できる。
  3. 基本的看護技術を習得する。
  4. 安全・感染についての知識を深め、マニュアルを見たり助言を受けながら日常ケアに活用できる。
  5. 受け持ち看護師として看護計画の立案・実施・評価ができる。
  6. チームの中でメンバーの役割を理解し報告・連絡・相談ができる。