臨床研修病院

初期研修医の声

平成28年度採用生

光吉 こころ
KOKORO MITSUYOSHI

自分が求めていた研修環境がここにはありました。

初期研修では、救急をしっかりやれる場所、そして多くの症例を経験でき、サポート体制も充実している環境を探していました。出身も大学も九州だったので、九州外へ出ることも考えていました。そんな中で見学に訪れたのが「熊本赤十字病院」です。指導熱心な先生ややる気溢れる同期達と楽しそうに働く先輩研修医の姿を見て、「自分が求めていた研修環境はこれだ!」と当院での研修を希望しました。
当院の研修は、豊富な症例数、各科の垣根が低く相談しやすい雰囲気、どんな症例でも診ることができるGeneralistが揃う、とにかく充実した指導環境です。特に救急では、ファーストタッチから任され幅広い症例を経験できます。
忙しい日々ですが、恵まれた環境の中で、毎日楽しく全力でいること、患者さんに真摯でいることをモットーに自分も上の先生たちのような Generalistになれるよう日々頑張っています。
「もっと勉強したい」「あれもこれもやってみたい」「医師としてのやりがいや喜びを感じたい」そんな気持ちを持つ研修医にとって、素晴らしい環境と先生方が揃う病院です。

平成26年度採用生

谷 直樹
NAOKI TANI

やってみせ やらせてみよう

当院では、研修医を1人の「医療者」であり、同時に1人の「訓練生」でもあると位置づけていると感じています。
研修医は、「医師」の肩書こそついたものの、社会に出たばかりで社会人としても医療人としても未熟な点ばかりです。ここでは、そんな私たちを「医療者」と見て患者さんの診察・検査・治療を任せてくれる側面と、「訓練生」と見て経験不足から生じる抜けをフォロー・指導し面倒を見てくれる側面の、両面をバランスよく保った研修が提供されています。研修医といえども、患者さんの命や健康に直接関わる職種である以上、このバランスは我々にとっても、もちろん患者さんにとっても非常に重要です。
例えば、研修医を「医療者」の側面で捉えすぎると、「1人前の医師として働いてもらう」と言えば聞こえはいいですが、知識も手技も経験も殆どない人間が突然現場に放り込まれたところで、身につくことといえば正しいかどうかも確かめられない我流の癖ばかり。そんなことでは、患者さんに悪影響を及ぼしかねません。
逆に「訓練生」としての側面で捉えすぎた場合、難しい症例や手技・判断は全部指導医任せ…というおんぶにだっこの状態で過ごせば、研修を終えていざ1人立ちという時に、突然自分一人で対応などできようはずもありません。結果、やはり患者さんに悪影響を及ぼしかねず、さらには、その人に指導される新しい研修者の質も低下していくという悪循環に陥る可能性があります。
そういった点では、当院の研修制度は満足できると思います。わからないことがあれば、直属の指導医はもちろん、診療科を問わずいろんな先生に尋ねることができる環境ですし、しっかり教えて理解したのを見届けてから任せてくれる、「やってみせ やらせてみよう 研修医」という絶妙な距離感を保った指導体制が整っています。任せた後も、実はしっかりチェックしてくれていて後から適切な指導をしてもらえるという万全の体制です。
もちろん楽なことばかりではない当院の研修ですが、この充実した環境の中で2年間過ごした後の自分がどこまで成長できるか、期待しながら日々精進していけたらと思います。

平成24年度修了生

小原 隆史
TAKAFUMI OBARA

医療人としてだけでなく、一人の社会人として

多数の診療科と充実した施設がそろっている当院ですが、研修医として感じる最大の特徴は、業務と研修のバランスが非常に取れている病院だという点です。
研修1年目は、医療の柱となる6つの診療科を回り、教科書に出てくるような典型的な症例から、文献を参考に手探りで加療するものまで、実に様々な患者さんがやってきます。
本人のやる気次第で、主治医として治療に携われることは、非常にやりがいがあり、振り返ると医師としての成長を感じられる瞬間でもあります。他科の医師でも気兼ねなく相談できる雰囲気が当たり前のように存在し、苦楽を共に過ごす同期の支えもあり、決して「辛い」生活ではありません。医師だけに留まらず、病院全体が、社会に出たばかりの研修医を、医療人としてだけでなく、一人の社会人として育てようという当院の環境は、研修病院としては大きな強みではないでしょうか。
学生時代に学んだ知識は医師としての骨格でしかありません。研修医として、数多くの失敗が許され、そこから反省し、次に活かすことができるこの時期に、日々様々な患者さんと向き合い、知識・経験の肉付けを重ねることが大切です。当院はそのような充実した2年間を与えてくれる環境だと実感しています。