臨床研修病院

指導医の声

研修管理委員会 委員長
竹熊 与志
YOSHI TAKEKUMA

赤十字病院の設立理念は、<人道・博愛・奉仕>の実践です。

熊本赤十字病院は、1975年に現在の地へ再建移転され、24時間オープンの救急病院として熊本の救急医療・地域医療を支えてきました。

開設当時、バイタリティー溢れる初代スタッフたちが患者さんを助けたい一心で診療に明け暮れました。そのルーツは、熊本大学セツルメント運動にさかのぼります。学生時代、貧困層への医療ボランティアを支援していたメンバーが中心となり、その後それぞれの専門医として熊本赤十字病院再建に携わりました。

病院は次世代へ引き継がれ、建物も新築され設備も充実し、一番大切な意志と精神も引き継がれています。

研修医は、病院の設立理念を軸に病院全体で育てていかねばなりません。当院の臨床研修は、

  1. 救急医療、総合医療プライマリーケアの能力をもった医師
  2. チーム医療ができる医師
  3. 地域医療に貢献できる医師
  4. 積極的に災害救援ができる医師

という4つの医師像を目指しています。そして、その研修理念の根底にあるのは、病に倒れている患者さんを救いたいというヒューマニズム(人道博愛精神)です。

研修医の諸君に伝えたい。自分にとって良い研修を受けることができるから、熊本赤十字病院に来るのではなく、患者さんにとって良い医療ができるようになるため当院を研修病院として選んでほしい。