ご利用の皆さまへ

患者サポートセンター

患者サポートセンターは、 患者さんが安心して入院、治療、退院、地域での療養、社会復帰ができるよう、入院・検査説明室、医療・福祉相談室、医療連携室が一体となり、連携を取りながら支援を行う部門です。

入院患者さんに安心して治療に専念していただき、退院後も住み慣れた地域で、その人らしく療養生活を送っていただけるように、当院では、PFM(Patient Flow Management)に基づいて予定入院の患者さんから入院前に必要な情報収集を行い、入院加療や退院後の生活に支障をきたす要因を早期に発見し、医師、看護師、社会福祉士、薬剤師、栄養士、医療事務などの多職種で共有・連携して入院患者さんの在宅退院支援および地域の医療機関との連携を図っています。

患者サポートセンター

入院・検査説明室(本館1階80番)

受付時間 9時30分~16時30分(平日のみ)
対象者 入院・検査予定の患者さん(16時30分までに入室可能な方)
  • 予定入院となられる患者さんに安心して入院生活をおくっていただき、スムーズに在宅での療養生活に移行していただけるよう、入院前から専従の看護師や社会福祉士、薬剤師、医療事務などが説明や面談を行い、事前に患者さんの状態を把握し、入院に対する不安の解消を図ります。
    ※薬剤師は服薬中のお薬(サプリメント・市販薬も含む)について確認を行います。
     必ずお薬手帳をお持ちください。
  • 外来患者さんの待ち時間軽減等を図るため、外来で実施する内視鏡検査等について、説明書をもとに検査内容や注意事項の説明を行います。
  • 外来でPET検査を予約された患者さんの重複検査の防止や、安全な医療提供のため、PET検査手続きに関する説明を行います。

医療・福祉相談室(本館1階26番)

医療費の支払いや退院・転院後の福祉サービス、介護・在宅サービスに関することなど、患者さんやご家族が抱える不安や悩みについてご相談を受けています。

詳しくはこちらをご覧ください。

療養支援室(本館2階25番)

退院支援業務とがん相談関連の業務を行っています。
退院支援は、メディカルソーシャルワーカーと協働して患者さんやご家族の意向に沿えるよう意思決定をサポートします。また安心して療養が継続できるよう、転院先や在宅療養に関わる医療チームと連携しています。

がんの相談は、がん治療を受けながら不安をかかえられている患者さんやご家族の相談を受けています。その他にも「長嶺がんサロンCROSS」やがん経験者の方が担当される「おしゃべり相談室」のサポートなどを行っています。

詳しくはこちらをご覧ください。

医療連携室(本館2階25番)

当院の5つの基本方針のひとつ「地域連携」への取り組みとして、医療相談窓口(病院1階26番)を開設すると同時に、「地域医療推進課」「医療社会事業課」「療養支援室」が集合し、紹介元の先生方とのコミュニケーションをよりスムーズに行う「医療連携室」を設置しています。

前方連携・後方連携の推進、広報活動、医療相談、セカンドオピニオンなどさまざまな機能を充実させ、地域完結型医療に貢献できるよう努めています。

患者さんの紹介など詳しくはこちらをご覧ください。

長期療養中の就労に関する出張相談のご案内

がん等の治療を行いながら就労をお考えの方のために、院内に相談室を設置し、熊本労働局ハローワーク熊本の就職支援ナビゲーターが出張相談を行っています。

日時 毎月第3水曜日11:00~15:00
場所 熊本赤十字病院1階80番患者サポートセンター(入院・検査説明)
申込み・お問合わせ 熊本赤十字病院 患者サポートセンター 096-384-2111(代)
またはハローワーク熊本 職業相談第一部門 就職支援ナビゲーター 096-371-8262
※原則として予約制