ご利用の皆さまへ

入院費のお支払い

当院は厚生労働大臣が指定する DPC対象病院であり、入院費は、入院される患者さんの病名(病状)に応じて定められた入院1日あたりの定額支払い制度で計算を行います。
なお、手術・処置、検査の一部、退院処方等については、別途加算されます。
(労災や交通事故、また病名によっては、従来どおり「出来高払い方式」で算定します。)

※食事療養費(標準負担額)、及び差額ベッド代・電気代等の自費分は別にお支払が必要となります。

※入院日・退院日は、その時間にかかわらず1日分の料金となります。

入院中のお支払い

入院費は、毎月月末までの請求書を翌月15日頃にお渡しいたします。
お支払い方法については、下記の「お支払い方法」をご覧ください。

退院時のお支払い

退院が決まりましたら、入院費の概算をお知らせしますので、お支払いのご準備をお願いします。
退院は午前11時までを原則としています。
退院日の午前10~11時頃に退院連絡票をお届けしますので、ご退院前にお支払いをお願いします。

休日に退院される場合

入院費が確定していない場合は、退院預かり金を申し受けます。お手数ですが、「支払証書」にお支払いいただく方のお名前、連絡先等を必ず記入していただきます。

お支払い場所

  1. 自動支払機でのお支払いをご利用の場合
    1階総合待合ホールに3台、総合救命救急センター待合ホールに1台設置しています。
  2. 窓口でのお支払い
    1階60番お支払窓口までお越しください

取扱時間:月曜~金曜 午後4時まで

※休日に退院される場合は、救命救急センターの受付窓口までお越しください。

お支払い方法

現金のほか、デビッドカード、クレジットカードもご利用いただけます。

  • デビッドカード:金融機関のキャッシュカードでのお支払い(暗証番号が必要になります)
  • クレジットカード:日専連、NICOS、JCB、VISA、Master、AMEX、DC等

支払回数/一括払・分割払・ボーナス払(自動支払機では一括払のみ)

高額医療費について

医療機関や薬局の窓口で支払った額(※)が、暦月(月の初めから終わりまで)で一定額を超えた場合に、その超えた金額を支給する制度です。 ※食事療養費や差額ベッド代等は含みません。

《70歳未満の方》

加入する医療保険から事前に「限度額適用認定証」を発行してもらうことにより、窓口で の支払を負担の上限額までにとどめることができ、用意する費用が少なくて済みます。 なお「限度額適用認定証」のご提示がなく、自己負担額を全額お支払いたただいた場合は、従来の払い戻し制度をご利用いただくことも可能です。

《70歳以上の方》

限度額適用認定証がなくても、自動的に窓口での支払が負担の上限額までにとどめられます。(低所得者の区分の適用を受けるためには認定証が必要です)
制度の詳細はナースステーションの入院事務担当までお尋ねください。
なお、お支払いに関するご相談は1階26番相談窓口でも承りますのでお早めにご相談ください。