• 当院について
  • ご利用の皆さまへ
  • 診療科・部門案内
  • 医療関係者の皆さまへ
  • 特色・取り組み
当院について
当院について
当院について
特色・取り組み

看護部

  • 人間に対する尊厳と愛をもって
  • キャリア開発ラダーによる看護師育成
  • 私たちと一緒にやりがいのある仕事をしましょう
  • 看護師向けの公開研修会開催
当看護部では「二交代制」を取り入れ、救急外来を除く全病棟で実施しています。
また、感染・褥瘡・NSTなどのリンクナースが専門的知識を深め、各看護単位で活動しています。
当院の教育システムは、日本赤十字社の「キャリア開発ラダー」に基づき、ラダー制を導入しました。各個人が将来の目標を持ちキャリア開発に取り組み、仕事の満足を促進しえるような研修内容です。
当院には、生き生きと働く先輩看護師がたくさんいます。新人看護師、ベテラン看護師、男性看護師など、先輩たちの声やメッセージをご紹介します。

新着情報&ブログ更新情報

情報一覧をみる

看護部長あいさつ

 はじめまして。看護部長の東智子と申します。

 皆さんに熊本赤十字病院のことをご紹介します。
 当院は、平成24年に総合救命救急センターとこども医療センターを開設し、ドクターヘリの基地病院として新たなスタートをきりました。地域の方々の命と健康を守りたいという思いから、「まさかの時にお役に立てる病院」をめざして、職員一同力を合わせて頑張っている元気な病院です。
 超高齢化社会に突入している日本ですので、来院される患者さんも高齢の方が多いです。また、小児集中治療病棟(PICU)を有するこども医療センターには、多くの子供さんも入院されています。二人に1人は“がん”になるという時代、高度ながん治療を受けられる患者さんや救命救急センターに来院される脳卒中や心筋梗塞、重症外傷などの患者さんもおられます。このような方々に対して、安全でやさしい看護が提供できるよう私たちは日々努力しています。また、赤十字の使命である国内外の災害救護にも積極的に参加しています。
 そのために、職員の教育には組織をあげて取り組んでいます。新卒の看護職員に対しては、新人看護職員研修責任者や各病棟の教育担当者が中心となり、1年間のプログラムに沿って皆さんを支援します。日々の業務では、パートナーとなる先輩看護師が皆さんをサポートしますので、キャリア開発ラダーレベルⅠの取得をめざして、少しずつ着実に成長できると思います。さらに研鑽を積んで専門・認定看護師やフライトナース、国際救援要員になる道もあります。
 仕事だけでなく、スポーツなどのクラブ活動も盛んな熊本赤十字病院です。是非、私たちと一緒に働きませんか?そして、看護専門職としてのキャリアを当院で磨いてみませんか?皆さんと一緒に看護できるのを楽しみに待っています。

看護部長
認定看護管理者 東 智子