看護部

看護師ブログ

こんにちは、5階東病棟です。

2020年02月18日 火曜日  | 日々の出来事

5階東病棟は、整形外科・形成外科を中心とした混合病棟です。

手術を受けるために入院される患者さんが多く入院されており、緊急手術を含め毎月80件以上の手術が行われています。

手術の前や、状態によっては手術の後も、長くベッド上で安静を保つ必要がある患者さんが多いため、

特に高齢の患者さんにとっては床ずれ(褥瘡)を起こす可能性が高いといえます。

そのため、一定時間ごとの体位変換や、クッションを使った体位調整は、褥瘡を防ぐための大切な看護技術の一つです。

病棟では、皮膚排泄ケア認定看護師を講師として、効果的な体位変換の方法や、

患者さんが安楽に過ごすことができる体位調整について勉強会を開催しています。

勉強会では、看護師が患者役として実際にベッドに横になり、ベッドの頭側を上げることで生じるずれや、

クッションの置き方の違いで体にかかる圧の変化を体験しました。

クッションの位置や圧抜きの方法等を学ぶことで、褥瘡予防に対する意識がさらに高まりました。

ブログ写真1

ブログ写真2

患者さんがより安全・安楽に入院生活を過ごせるように、学んだことを日々の看護ケアの中で生かしたいと思います。