MENU

メインメニュー

募集要項

ENTRY

DOCTOR
救急科 専攻医

Contents
救急科専攻医

NEWS

救急科 専攻医のお知らせ

お知らせ一覧はこちらへ

あてはまる情報はまだありません。

CONTENTS 01

特徴

POINT01

攻めの救急医療

患者さんの搬送をただ待ち受けるだけではなく、1分1秒でも早く救急現場で診断・治療を開始するため、できるだけ早く現場に医療を持ち込む「攻めの救急医療」を展開

POINT02

重症外傷

重症外傷センターとして外傷外科を設置
ISS>15(重症)の症例が年間約200例

POINT03

災害医療

熊本県の「基幹災害拠点病院」
有事の際、救急医は指揮官として活動

POINT04

小児救急

全国的にも珍しい救命救急センターにPICUが併設
県内および一部県外からも小児重症外傷が集約

CONTENTS 02

プログラム

充実した指導体制

当院の救命救急センターでは、24時間365日、3~6名の救急専従医が勤務しています。「軽症から最重症まで幅広く診察・治療の知識を持っている」と日本救急医学会に認められた救急専門医も16名所属しています。

カンファレンス・レクチャー

救命救急センターカンファ(毎週木曜日午前、全員参加)
全体ミーティング(週間報告、運営上の問題点を医師、看護師、事務が討議)
症例検討会(M&M(Morbidity & Mortality)事例、Good Job!事例等を報告・検討)
スタッフセミナー、ERマニュアル作成(救急関連の文献を読み発表し、当院ERでの治療方針をまとめたクイックレビューの作成)
OSCE(ワークステーション内でのシミュレーション実習)
救急科入院患者総回診 など
専攻医勉強会(月1回実施) <コンテンツ> コアレクチャーシリーズ
M&Mカンファレンス
抄読会(Journal Club:JC)
シミュレーション
Off the Job Trainingコース ACLS・JATEC・JPTEC・PALS・MCLS・Hospital MIMMS など

勤務体系

ER部門、病棟部門、集中治療部門に分かれて適宜ローテートします。
ER部門(主に救急車や時間外 walk-in 患者に対応、ドクターカー要請時にも対応) 完全 2 交代制(準夜勤をした場合には最低24時間offであることが義務化されています)
日勤(8:00~20:00)
スタッフリーダー1 名+スタッフまたは後期研修医 2-4 名+初期研修医 1-2 名
夜勤(20:00~翌 8:00)
スタッフリーダー1名+スタッフまたは後期研修医1-3名+初期研修医 1-2名
※準夜帯・深夜帯 walk-in 患者は各科の医師の協力を得て運営していますが、深夜帯 ほぼ救急科で対応します。
病棟部門 1名 救急科入院患者(5-10名)に24時間対応、1週間交代
集中治療部門 スタッフ2-3名(外傷外科、救急科)+後期研修医1名
救急科入院患者のうち重症症例(心停止後症候群、薬物中毒、多発外傷)(3-5 名)に 24 時間対応、2 週間交代。

CONTENTS 04

修了生の声

voice

私は地元宮崎県で初期研修修了後に、ここ熊本で後期研修を行いました。実は熊本は縁もゆかりもない土地なのですが、なぜ私がこの病院を選んだのか、この場をかりて少しお話をさせていただきます。
私は将来的に医療資源、マンパワーの不足している地域医療の現場で働きたいという夢があります。初期研修時代は医師になってまだ日も浅く課題が多すぎて、何が必要なのか何をすればいいかもよくわからない状態でした。そんな時に漠然と考えたのが、いろいろな経験ができる病院で勉強してみたいというものでした。
年間 6 万人を超える walk in 患者に加え、救急車、ドクターヘリでの重症患者搬送、災害医療まで経験できる熊本赤十字病院は非常に魅力的でした。小児から高齢者、そして軽症から重症まで症例は多彩です。日々、外来にごった返す患者の波のなかで、活気あふれる初期研修医や経験豊富な指導医と共に診療にあたれることは非常に刺激的です。
また後期研修医は指導医のもとドクターヘリ業務も行いますが、少ない医療資源、マンパワーで患者にあたるこの医療は、私が目標とする地域医療に通じるものがあります。当院は北米型ERを基本としていますが外傷外科、集中治療も救急科部でカバーしており搬送後 治療、全身管理も一貫して経験することができます。患者はやはり重症が多いですが目の前で患者を「死なせない」ことの大切さ、そしてその難しさを毎日痛感しています。
楽しいことばかりではない毎日ですが、同じようにそれぞれ目標をもって集まった後期研修医たちと議論したり、雑談したり、飲みに行ったり、旅行に行ったり(熊本 阿蘇や天草をはじめ自然や食べ物がとても豊富です)と充実した日々を送れます。


専攻医の出身大学
熊本大学、九州大学、鹿児島大学、関西医科大学、慶應義塾大学、山口大学、宮崎大学など
修了生の進路
熊本赤十字病院 救急科・総合診療科、熊本大学病院  整形外科、福岡脳神経外科病院 脳神経外科、横浜市立みなと赤十字病院 外科、健和会大手町病院、宮崎県立宮崎病院など
見学のお申込みはこちら

個別WEB病院説明

当院の研修に興味を持っていただいたみなさんに実際に当院を見学する前に、当院の研修内容のご説明、質問にWEBでお答えします。対応するのはプログラム責任者をはじめとする指導医と当院の専攻医/研修医です。お気軽にお申込みください。

個別WEB病院説明会お申込みの流れ

希望日の2週間前までに専用のフォームから申込みを行ってください。
日程調整後、メールにて接続方法のご案内をいたします。
※送信後、2、3日(土・日祝日除く)経ってもこちらから連絡がない場合はお電話でご連絡ください。

時間
①13:00~ ②14:30~ ③16:00~ ※30分~1時間程度を予定しています。
内容
研修医または指導医が直接ご説明します。(病院、研修の内容についてや質疑応答等)
必要なもの
インターネットが使えるデバイス(スマホ・WEBカメラ・マイクのついたパソコン等)
WEB説明会お申込みはこちら

OFFER INFORMATION

RECRUITMENT
ENTRY ENTRY