熊本赤十字病院

新型コロナウイルスに関するお知らせ

Medical topics

MRI(磁気共鳴診断装置)

MRI検査は、1.5テスラ装置2台と3テスラ装置1台の計3台により、患者さんの状態に合わせて実施しています。うち1台は、2020年3月に西日本で初めての導入となる最新鋭装置「MAGUNETOM Sora1.5テスラ(ドイツ・シーメンス社製)」に更新しました。この装置には、AIを用いて開発した自動撮像機能や新しい生態情報認識機能などが搭載されています。 これにより、あらゆる臓器の安定かつ精度の高い画像情報を提供することが可能となり、また、時間の短縮やがん検査時の注射、食事制限等がないことから、患者さんの身体への負担も軽減されます。