熊本赤十字病院

新型コロナウイルスに関するお知らせ

center Divigion

急性期医療部門
Contents 01

01総合救命救急センター

02重症外傷センター

03脳卒中センター

03-2脳血管治療センター

04心・大血管センター

狭心症や急性心筋梗塞などの虚血性心疾患、心不全、不整脈、大動脈疾患など幅広い循環器疾患に対して最新の高度な医療を提供しており、特に急性心筋梗塞や解離性大動脈瘤の治療については全国でも高い実績があります。2019年にはハイブリッド手術室を整備し、大動脈瘤に対する血管内治療のステントグラフト内挿術(EVARやTEAVR)がより安全に実施できるようになりました。また、大動脈弁狭窄症に対する経皮的カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)の実施施設にも認定され、構造的心疾患に対する治療も開始しました。 心・大血管センターでは、循環器内科や心臓血管外科、放射線科、麻酔科、看護師、放射線技師、臨床検査技師、臨床工学技士、薬剤師、栄養士などで構成するハートチームにより、24時間365日体制で救急の患者さんを受け入れています。

05小児救命救急センター

06熱傷センター

熱傷は、範囲や皮膚表面からの深さで重症度が分かれ、それぞれに異なる適切な治療法があります。
また、早期の治療介入が予後に大きく影響するため、けがの状態を的確に把握することが重要です。
熊本赤十字病院は集中治療病棟に熱傷ケアができる病床を2床有し、皮膚科が中心となり、救急科・形成外科と連携した初期治療・全身管理、皮膚移植や機能回復を目的とした形成手術、リハビリテーション科による瘢痕拘縮の予防など、熱傷における一連の診療をチームとして実践しています。
熱傷センターでは、広範囲熱傷から化学熱傷、電撃傷及び凍傷などの特殊熱傷、重症熱傷について、熊本県全域から積極的に患者さんの受け入れを行います。

中央診療部門
Contents 02

01手術センター

地域の基幹病院として、24時間体制で県内全域からくるあらゆる種類の緊急手術に対応しています。また、内視鏡や顕微鏡を用いた手術に加えて、da Vinci Xによる子宮がん・直腸がん・肺がんなどのロボット支援腹腔鏡下手術を実施しています。ハイブリッド手術室の整備に伴い、大動脈弁狭窄症に対する経皮的大動脈弁置換術(TAVI)も行っています。近年、手術の内容は、診療科を問わず高齢化・重症化・高度化の傾向にあります。各診療科の医師・麻酔科医師・看護師・臨床工学技士・放射線技師・滅菌技師など他職種が連携し一丸となって、安心・安全で質の高い医療の提供と丁寧で迅速な手術の実施に努めています。

02総合鏡視下手術センター

03画像診断治療センター

画像による病気の診断は現在の医療にとって欠かせないものとなっています。画像診断のための医療機器も年々高度化や細分化しており、詳細で正確な画像が得られるようになっています。X線を使用する一般撮影、X線CT、血管造影装置、RI検査装置はもとよりX線を使用しないMRIや超音波診断装置など多岐にわたる最新の画像診断装置をそろえ、最適な画像の提供と正確な診断を行っています。それに対応する検査技術や読影技術の研鑽も必要であり、術者のスキルアップにも力を注いでいます。また、得られた画像をもとに行う血管内治療は侵襲の少ない最先端の治療で、救急の現場でも必要不可欠な部門です。放射線治療においても画像誘導放射線治療(IGRT)や強度変調放射線治療(IMRT)などが行える高度な装置を導入しており、さまざまながん治療に対応しています。医師、看護師、診療放射線技師を中心に多職種で協働し、病気の診断治療をとおして患者さんの生活の質を高めるために努めています。

04内視鏡センター

医療が高度化している近年、熊本赤十字病院の内視鏡検査においても拡大内視鏡やNBIによる画像診断、超音波内視鏡による穿刺生検、スパイスコープ等を導入し、より正確な診断が可能となりました。また、患者の負担軽減を目的に日帰り内視鏡手術も導入しました。様々な検査治療は、集中的に管理することが効率的であり、あわせて専門的な知識や手技に精通した人材の養成が必要不可欠です。内視鏡センターでは、早期悪性腫瘍に対するESD、超音波内視鏡によるドレナージ術、スパイスコープによる難治性の胆道結石治療、結石破砕装置を利用した膵石治療など一般病院では困難な高度な内視鏡治療を行います。

05腎センター

06外来化学療法センター

07緩和ケアセンター

「緩和ケア」とは病気の状態や時期に関係なく診断された時点から、患者さんやそのご家族の身体的な苦痛や気持ちのつらさなどを少しでも和らげ、患者さんらしい生活を維持していくためのものです。
当院では、国が指定する「がん診療連携拠点病院」として、医師・看護師・薬剤師・ソーシャルワーカー等の多職種が協働して、緩和ケアチーム、緩和ケア外来などを通して取り組みを行っています。
また、救急病院のフットワークを生かして患者さんの急な病状悪化に24時間対応しています。院外に対しては、地域の緩和ケア病棟・在宅療養・介護部門と連携して患者さんの生活療養を支える取り組みを行っています。

08こども医療センター

09地域周産期母子医療センター

「周産期」とは、妊娠中期から出産後数日までの時期のことで、母体・胎児や新生児の生命に関わる疾病を起こしやすくなる時期でもあります。熊本赤十字病院は、院内各部門の専門性を活かし、総合的な治療やケアを行っており、熊本県から地域周産期医療センターに認定され、熊本医療圏内のハイリスクの妊娠さんの管理・分娩、早産や先天異常などのハイリスク新生児に対して、産科・小児科双方から一貫した医療を行っています。

10総合血管センター

付加機能部門
Contents 03

01へき地医療支援センター

02患者サポートセンター

03移植医療支援室

04広報室

迅速かつ効果的な広報活動による病院信頼度の向上及びより良い人材の確保、職員間の情報共有促進を図ることを目的に設置しています。この目的を達成するために、広報活動の企画立案や診療情報・各部署紹介動画の制作、ホームページ・SNSの管理、運営を行っています。また、報道機関からの取材対応、マスメディアへのニュースリリースも行っています。「広報室」では、最新の広報戦略を取り入れるとともに、職員全員が広報を意識するよう、院外にも院内にもPRしています。

05医療安全推進室

組織として医療安全に取り組み、組織内のシステムの観点から分析し、組織として未然防止や再発防止に取り組んでいます。その1つの方法として、日々のインシデント・アクシデント報告を収集し、事例の要因分析と対策を目的として、週に1度、多職種での医療安全カンファレンスを開催しています。また、職員の医療安全に関する正しい知識、スキル向上のための教育も実施しています。安全な医療の提供を実現するために、患者さんやご家族に十分な説明を行い理解を得るとともに、より安全な医療の提供のため、患者さんにも参加していただいています。安全対策は自院だけではなく、地域で連携する施設とも行うことが重要であり、地域内でネットワークを構築して安全対策に取り組んでいます。

06教育研修推進室

赤十字精神のもと、人道・博愛・奉仕を実践するために、人間性豊かで将来を担う職員を育成することを目的に、職種を越えて全職員に対して人材育成に取り組んでいます。全職種横断的な階層別研修で総合的な能力と組織としての一体感を醸成するとともに、職種ごとには、より専門的で高度な教育を実施しています。働く職員のための、各種研修会の開催や、教育指導体制の強化、研修環境の整備に努め、一方で、他の医療機関や、教育施設と連携し、地域全体の医療人の育成にも力を入れています。

07感染管理室

感染管理室では、感染の防止に留意し、感染症発生時には拡大防止を主眼として適切に対応するため、感染管理室を中心に組織的に取り組んでいます。週に1度チームメンバーで院内巡視や回診を行い、関連部署へ結果をフィードバックするなど環境整備に努めています。また、職員が感染の防止や、感染拡大防止に関する正しい知識、技術を得るための研修会や講習会も実施しています。地域で連携する施設とのカンファレンスを定期的に開催し、連携機関とともに感染対策に取り組んでいます。

08TQM推進室

TQM(トータル クオリティ マネジメント)推進室では、病院全体の質向上を目指して、各部署が能動的かつ継続的に改善活動に取り組めるよう支援する仕組みをつくる活動をしています。「患者さんにとっての良い医療」を目指すための「医療の質」の他に「医療サービス全般の質」を考えることや、標準医療に近い医療を行っているかを数値評価する目安としての臨床指標の作成、改善活動の指導的人材となる公益財団法人 病院機能評価機構認定のクオリティマネジャーの複数名養成などを行い、各部門での支援活動を推進しています。