熊本赤十字病院

新型コロナウイルスに関するお知らせ

Hematology & Oncology

近年、がん患者さんの増加と治療の進歩に伴いがん化学療法の必要性が高まっています。血液・腫瘍内科は固形腫瘍、血液腫瘍を問わず全てのがんを対象に化学療法を中心とした内科的治療を提供する診療科です。疾患の種類、進行度、患者さんの体力や生活環境に応じて標準療法に基づいた化学療法を提供しています。日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医が所属し、認定看護師、専門薬剤師とともに質の高い化学療法を提供しています。集学的治療が必要と考えられる症例は外科医、放射線治療医、病理医、メディカルスタッフとの合同カンファレンス(キャンサーボード)にて検討を行い、最適な治療を受けていただけるよう努めています。また、気持ちの辛さを抱える患者さん、ご家族のケアを行うために精神腫瘍科外来を開設しました。がん患者さんに寄り添う医療を基本に据え、医師とメディカルスタッフによるチーム医療を実践しています。

主な疾患・治療法

固形腫瘍

各種がんの化学療法を各科と協力して、血液腫瘍内科で行っています。抗がん剤や分子標的薬・ホルモン剤等の薬物療法でがん細胞の増殖を押さえる治療を行います。各疾患に応じた画像検査や血液検査で治療の効果を確認しながらそれぞれの患者さんの病状・体力に応じて、十分話しあった上で治療を行います。

01消化器がん
胃がん 食道がん 大腸がん 小腸がん 膵臓がん 肝臓がん 胆嚢、胆管がん
消化器内科・外科・放射線科と連携の上、それぞれの患者さんにもっとも適した集学的治療を行っていきます。
02婦人科がん
  卵巣がん 腹膜がん 子宮頸がん 子宮体がん 胚細胞腫瘍など
産婦人科医と連携の上、それぞれの患者さんの状態にあった薬物療法を行っていきます。
03泌尿器がん
前立腺がん 膀胱、尿管がん 腎臓がん 胚細胞腫瘍など
泌尿器科医と連携の上、それぞれの患者さんの状態にあった薬物療法を行っていきます。
04乳がん・頭頸部がん
乳腺外科や耳鼻咽喉科・放射線科と連携の上、それぞれの患者さんの状態にあった治療を話し合って決めていきます。
05その他
神経内分泌がん 肉腫等の希少疾患
原発不明がんなどの薬物療法・集学的治療を行っています。
06転移性骨腫瘍
もともとのがんの治療も行いながら、整形外科や放射線科・リハビリテーション科と協力して、それぞれの患者さんに最善の治療を提案できるように努めています。

血液疾患

良性・悪性の血液の病気の診断・治療を行います。代表的な疾患について記載します。

01急性骨髄性白血病・急性リンパ性白血病

症状

発熱、貧血症状(倦怠感、動悸など)、出血症状(皮下、歯ぐきなどの出血) など

検査

血液・骨髄検査、必要に応じCT・超音波検査など

治療

抗がん剤治療 分子標的療法 造血幹細胞移植療法
病気の状態や病型・年齢などを参考にして、これらを組み合わせて治療します。患者さんとも十分に相談の上、最適な治療方法を決定しています。同種造血幹細胞移植療法が必要な患者さんには県内の他施設と連携しています。

02慢性骨髄性白血病・慢性リンパ性白血病

症状

症状が無い場合が多く、健康診断で白血球や血小板が多い事で見つかる方が多いです。

検査

採血・骨髄検査、CT検査や腹部超音波検査など

治療

分子標的薬 抗がん剤など
患者さんの状態や病気のタイプにより、それぞれの患者さんに最適な治療方法を話し合って決めていきます。

03骨髄異形成症候群

症状

発熱、貧血症状(倦怠感、動悸など)、出血症状など

検査

血液・骨髄検査、必要に応じCT・超音波検査など

治療

抗がん剤治療 新規薬剤(アザシチジン・レナリドミドなど) 造血幹細胞移植療法
病気の状態や年齢などを参考にして、それぞれの患者さんに最適な治療方法を決定しています。同種造血幹細胞移植療法が必要な患者さんには県内の他施設と連携しています。

04悪性リンパ腫

症状

リンパ節のしこり・発熱・体重減少・寝汗など

検査

CT検査・超音波検査、FDG-PET検査など
リンパ節生検(腫れているしこりを一部とって病理検査を行う)骨髄検査

治療

抗がん剤治療・放射線療法・分子標的療法を行います。

自家末梢血幹細胞移植療法 同種造血幹細胞移植療法
病気の状態や年齢などを参考にして、それぞれの患者さんに最適な治療方法を決定しています。同種造血幹細胞移植療法が必要な患者さんには県内の他施設と連携しています。

05多発性骨髄腫

症状

貧血症状(倦怠感)・腰や背中の痛み・発熱など

検査

血液検査・尿検査・骨髄検査、レントゲン・CT・MRIなど

治療

抗がん剤・分子標的療法 自家末梢血幹細胞移植療法

06再生不良性貧血

症状

貧血症状(倦怠感、動悸など)、発熱、出血症状など

検査

血液検査・尿検査・骨髄検査、MRI・超音波検査 など

治療

蛋白同化ステロイド・免疫抑制療法 同種造血幹細胞移植療法 同種造血幹細胞移植療法が必要な患者さんには県内の他施設と連携しています。

07特発性血小板減少性紫斑病

症状

出血症状(皮膚の点状出血、口腔内出血など)

検査

血液検査・骨髄検査・ピロリ菌の検査、腹部超音波検査など

治療

副腎皮質ステロイド ガンマグロブリン大量療法 ピロリ除菌療法 脾摘 新規薬剤(TPO作動薬・リツキシマブなど)
出血症状・採血結果・病態を考慮し、患者さんと話し合った上で最適な治療方法を決定しています。

その他の血液疾患

01緩和ケア

がん・悪性疾患・良性疾患による症状を緩和します。

症状

病気により痛み・体のだるさ・息苦しさ・吐き気など野お体の症状や、気持ちのつらさ・不安・せん妄などの精神的な辛い症状が生じる可能性があります。

検査

血液検査やCT・超音波・MRIなどの画像検査を行うことがあります。

検査

それぞれの患者さんの病態や症状にあわせて薬物・非薬物療法を行い、辛い症状を改善して生活の質を高めます。
緩和ケアチームとして、精神腫瘍科医などの各専門医・臨床心理士・看護師・薬剤師・栄養士・リハビリテーション療法士・針灸師・ソーシャルワーカーと協力して症状や心配事の解決につながるように努めます。

緩和ケア外来

がんと診断されたときから生じる体の症状や、気持ちのつらさ、不眠などの精神的な症状をやわらげるために、治療を担当する主治医や看護師と緩和ケアチームが協力して適切な治療やケアをお手伝いする外来です。

窓口
8番 血液・腫瘍内科外来
曜日
火・金 (祝日を除く)
時間
14時~16時

※ 受診は、当院でがん治療を行っている方に限らせていただきます。
※ 完全予約制です。

受診の流れ

各診療科でがん治療を担当する主治医にご相談ください。主治医がお話を伺い、緩和ケア外来の初回予約をお取りします。